イタリア旅行5

 


6月23日

朝食は・・・

f0295238_15583752.jpg

私の大好きなイタリアのパン、コルネット❤

なんだ、クロワッサンかい?と思うでしょうが・・・。

違うのです~~!

中が、ふわ~~としてて、外もクロワッサンのようにバリッじゃない。

これが焼き立てだったりしたら最高♪

3個は軽いね~~♪

野菜はありません、これがふつうのイタリアのホテルの朝食です。

飲み物は、赤~い、ハイ、ブラッドオレンジジュースです。


f0295238_16001960.jpg

まず最初は、お決まりの本場カメオ工場見学へ・・・。



f0295238_16011805.jpg

これが材料の貝たち、コルネリアンーマダガスカル島
          サルドニクスーカリブ海
その他、ベニ貝や、黒蝶貝、大きい層の厚い貝を使用するみたいです。



f0295238_16003135.jpg

これは、売り物じゃなくて・・・。

すご~い作品です~~!

こんなものが存在することすら知らなかった~~!



f0295238_15593722.jpg
そして地中海サンゴなんかもあって・・・。

あまりにもお高いので、買う気にならず・・・(笑)

このバラのペンダントなんと1500ユーロよ~!

ふふふ、目の保養だけね~!


f0295238_15592604.jpg

そしていよいよ、ポンペイ観光へ・・・。

ポンペイの遺跡の入り口へ向かう道に咲いていた花。

アカンサスーコリント式柱のもとなんかによく登場するそうな。

そういえば、絵とか彫刻なんかにも出てくる。

なんで、こんなものを見てたというと

ガイドのイタリア人がなかなか来ず

渋滞で到着してなかったそうだけど・・・。



f0295238_15585157.jpg
結局、別のガイドさんがたまたま仕事終えていたので

その方にお願いしたみたいで・・・。

そんなのありか???

まあ、時間がないのでということだったらしい!

入り口を入ると、これはアポロ神殿の円柱だったかな?


f0295238_15590380.jpg

ポンペイの赤と呼ばれる独特のフレスコ画♪

傷んでいるけど見事だ。

現代の技術をしてもってもこの色は、再現できないそうだ!



f0295238_15594964.jpg
そして広いので、一部しかとれてませんが

円形闘技場。


f0295238_15582232.jpg

そして、最後に行ったのが、一番の見どころ

秘儀荘の入り口の写真です。

f0295238_16000311.jpg

大小60からなる大邸宅で、大広間の壁一面に描かれた

等身大の人物と、「ポンペイの赤」のバックが幻想的~~♪

保存状態がすばらしい~。


f0295238_15591428.jpg

何これ?というかんじですが

当時のままのタイル張りの床です。

時代を考えたらすごい~~!


f0295238_16441530.jpg

そして、昼食に向かう途中・・・。

この日の気温26~28度くらいで

影に入るとそうでもなかったけど

やはり日向は暑かった~ので、

1時間30分くらいは歩いたので

遺跡の中は、広く、歩き疲れました~!


f0295238_16303609.jpg

待ちにまった昼食~♪

シーフードサラダ、珍しくヤサイがたっぷり~(*^_^*)


f0295238_16440406.jpg

もりもりのボンゴレ~~♪

美味しかった~~♪


f0295238_16004390.jpg

そうそうここは、ワインがタダでついていたんだった~♪

これが、後にひやっとする原因に・・・。

このときは、ラッキーと1~2杯ですが飲んでしまいました♪


f0295238_16302499.jpg

そして暑かったので、デザートがアイスなのが嬉しかった~♪

このとけ具合どう?

続く・・・。



こちらにポチッとよろしくお願いいたします。










人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by ayayay0003 | 2013-12-07 06:02 | 旅行 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://arischan.exblog.jp/tb/21038948
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by BBpinevalley at 2013-12-07 06:06
イタリア大好き人間なので、楽しく読ませて頂きました。
ニュージーに来るまでは、20年来、毎年イタリアに行っていたのですが(夫の仕事もあってですけれど)、どこへ行っても楽しい国ですよね、イタリアは。
ニュージーから一度行きましたが、あまりの遠さにヘキエキ。
その時に行ったのがプーリアで、レチェに1ヶ月程居ました。
いいところですよね〜〜〜。
移住するところをマチガエタ。
Commented by ayayay0003 at 2013-12-07 06:22
BBpinevalleyさん、コメントありがとう❤
ニュージーも時差そんなになかったので早起きですね~!
レチェ少し調べてみかしたが、すごくいい所ですね~♪
1か月もとは、仕事兼とはいえ羨ましい~~♪
海が透明できれいなリゾートだと海に潜られた?

ツアーでもイタリアはおもしろいです。
これで、3度目のイタリアですが、同じ所でも季節とか、行く人が変わればまた違うので、本当に楽しい!
また、遊びに来てください♪
Commented by milletti_naoko at 2013-12-07 07:50
アリスさん、カメオ工房の見学に、ポンペイ訪問と、いろんな角度からイタリア旅行を楽しまれましたね。こんなふうに、世界中のさまざまな貝を材料に使っているとは思いもしませんでした。バラのペンダント、とってもきれいですが、値段もはんぱじゃありませんね。まあ、世界でもですが、イタリアでは貧富の差がますます激しくなり、経済危機で庶民が苦しむ中、富裕層にはまったくそれを感じない人も多いようです。

ポンペイでのハプニングはイタリアらしい、南イタリアらしいですね。それでも、ガイド付きで観光が楽しめたようで何よりです。ポンペイは火山の噴火で大勢の人が突然にむごい死を遂げた場所なのですが、そのおかげで紀元79年のものとは言えないほど、保存状態のいい遺跡を今も見て、当時の暮らしや文化を偲ぶことができるのですよね。わたしもその町づくりの緻密さや家の装飾に感嘆しました。

朝食はビュッフェ形式でしたか? イタリア人にはコルネットやケーキ、パンに(バターと)甘いジャムという甘い朝食を取る人が多いのですが、他国からの旅行客も多いところだと、卵やハムなど塩味のきいた食事も取れるのですよね。

Commented by ayayay0003 at 2013-12-07 16:41
なおこさん、この日は、本当にガイドさんが来なくて添乗員さんは、困ってましたが、ベテランの方だったので、その辺にいた顔みしりのガイドさんを捕まえて交渉したのには、さすが!と感心しました。ツアーだと時間が決まっているので、ぐずぐずしてはいられないようです。

カメオ工場は、行かなくてもいいけど、ツアーだと仕方なく行くわけですが、説明を聞いたり、ものの値段を観察したり、あと私は、自分でアクセサリーを作るときの参考にさせてもらうというのがあるので、これはこれで、けっこういいように利用してます♪

朝食に卵やハムがあるのもまだいい方なのですね~♪知らなかったです。野菜がないといってもんくを言う人もいますが、郷に入れば郷に従えですので、私は出されたものを喜んでいただく主義です(*^_^*)
<< Sunday Brunch@パ... あんことゴマ~♪@ねじねじヨモギパン >>