モワサックの修道院@フランス

フランス旅行の続きです♪

トゥール―ズで昼食を食べた後、モワサックへ向かいました。


f0295238_22120075.jpg

途中の道ですが、世界遺産ミディ運河です。


f0295238_22133044.jpg

外から見たサン・ピエール修道院です。

タルン川とガロンヌ川が交わる高台に位置するモワサック。

この街を有名にしているのがサン・ピエール修道院です。


モワサックの修道院は6世紀フランス最初の王クローヴィスにより作られたと伝えられるが、
実際には7世紀カオールの司教の聖ディディエが作ったという。
アラブ人、ノルマン人の侵入で弱体化したが、
11世紀にクリュニー修道院の援助を受けて大きく発展するが、
その後またアルビジョワ十字軍の戦争、百年戦争、宗教戦争で打撃を受け、
ついにフランス革命ではさらに傷めつけられ閉鎖されてしまう。
19世紀の鉄道建設では修道院の敷地は二つに割られてしまった。
現在再興され、付属教会と回廊が見られるだけでも幸いである。



サン・ピエール教会

旧修道院付属だったサン・ピエール教会は11世紀に建てられ、

15世紀に付加、改築され現在の姿になった。



f0295238_22161235.jpg

南正面の入り口に立つと、誰もが足を止めて見入ってしまう。



f0295238_22195129.jpg

タンパンに描かれているのは「キリスト再臨」の場面。

中央に右手を挙げて祝福を与えるキリスト

周囲には黙示録第24章にある「頭に金の冠をかぶった24人の長老」

などが描かれている。



f0295238_22270947.jpg

西の側柱にある流れるような姿の「エレミア像」



f0295238_22304921.jpg

聖パウロ像


f0295238_22391469.jpg

扉口中央柱(トリュモー)の正面には3組のつがいの獅子がからまりながら上に伸びています。

雌の獅子には乳房がたくさんついていると説明がありました。

獅子は魔除けの意味があるらしいですが、そういえば狛犬も同じような意味がありますね。


f0295238_22482022.jpg
教会の内部です。

内部全体の感じはゴシック式の感じで、

ロマネスク時代のものは外陣の土台部分など一部に限られている。

回りには主に15世紀の木彫や石彫が幾つか置かれていた。


f0295238_22553709.jpg

教会の壁の模様がこんな色で珍しい感じでした。



f0295238_22491350.jpg
f0295238_22495221.jpg

こちらの回廊は、世界一美しいと言われてるとガイドさんから

説明がありました(^^♪

フランス人、地元のガイドさんだからそう言って当然か(笑)

確かに美しかったです☆


f0295238_23025436.jpg
f0295238_23030785.jpg
f0295238_23031669.jpg



76のア―チが並ぶ内部の回廊は11世紀のもの。

柱頭には、この回廊が出来たのが1100年というのが暗号で書かれているのとか

花や獣、聖書の物語を描いた繊細な彫刻がびっしりと施されている。




二つのブログランキングに参加しています。

一日一度のクリックがランキングに反映する仕組みになっています。

よろしければ二つともクリックしてくださると嬉しいです(^-^)




にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ


人気ブログランキングへ


[PR]
by ayayay0003 | 2015-10-15 07:36 | 旅行 | Trackback | Comments(18)
トラックバックURL : http://arischan.exblog.jp/tb/24572254
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by milletti_naoko at 2015-10-15 07:51
アリスさん、入り口もそうして回廊もすてきですね。一つ一つていねいに彫り上げた柱が興味深いのですが、材質は何でしょうか? ヨーロッパの建物は石造りで長持ちする上、教会というのは大切に守られる場合が多いのですが、この教会は歴史の苦難を数多く経てきたんですね。
Commented by rinkatu at 2015-10-15 07:57
聞いたことあるサン・ピエール
11世紀と聞くと1000年の歴史ですかね@@
艷さもなく落ち着いた雰囲気に魅入りますよ~
恥ずかしながら
獅子って日本だけかと思ってましたが
世界で古くからのものだというのに
勉強になりました( v^-゜)♪
Commented at 2015-10-15 08:42
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tabi-to-ryokou at 2015-10-15 11:51
こんにちは

トゥールーズからボルドーに向かう列車は、ずっとミディ運河の横を通りますが、
途中に、モワサックがありました。
ここにサン・ピエール教会があるのは知ってたのですが、
世界遺産サンチアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路の、一環として登録されてるので
教会単独では世界遺産になっておらず、途中下車せずに通り過ぎてしまいました。

でも年代と、拝見した写真からすれば、これは単独で世界遺産に指定されるべき教会ですね。
正面はロマネスクですが、内部は完全にゴシック。そして彫刻はロマネスク風でどれも見事。
そして回廊はちょっとスペイン風で、中庭とマッチして美しいですね。
今さらながら「しまった~~ここ行けばよかった~~」、ショックです。
Commented by kaorunchoko at 2015-10-15 12:37
❤アリスさん こんにちは!
ミディ運河沿いの大きな木!素敵ですね~
この運河沿いをゆっくり散歩したら気持ち良さそうですねヽ(^。^)ノ
教会の入口、見事な彫刻ですね!
確かに華美ではないけど、落着いた雰囲気で素敵です。
教会内部はステンドグラスも美しく厳かな気持ちになりますね。
中庭のアーチに一つ一つにこんな凝った繊細な彫刻がされているとは!
頭上だから知らなきゃ通り過ぎちゃいますね。じっくり見ないと損ですね!
素敵な情報ありがとうございました(^_-)
Commented by ayayay0003 at 2015-10-15 15:03
なおこさん

こんにちは^^
この柱は、なんの石かは種類がわからないのですが、ひとつの石に彫られている大変素晴らしいものだそうです!
ここの場所がサンチアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路の、一環として世界遺産になってますが、これだけでも世界遺産になりそうなくらい素晴らしい修道院でした!(^^)!
最後の3枚は、ツアーでいっしょのお若い方が美大出で詳しくていっしょにコレが凄いと言って撮った写真です(^。^)
いろいろな歴史を見て来たこの教会、機会があれば是非訪れてみてくださいませ♪
Commented by ayayay0003 at 2015-10-15 15:10
rinkatuさん

こんにちは^^
あ~、考えたら1000年だ!(^^)!
雰囲気があって、凄いと思うところは実は数少ないから
ここは、ほんとに素晴らしい建物でした。
ただ、私は、キリスト教の知識が少ないため
彫り物などは聖書のお話に出てくるものが多く
理解出来ないものが多くて残念でした^^;
獅子の彫り物はひとつの石で出来ててほんと凄かったです☆
見てくださりありがとうございます♪
Commented by ayayay0003 at 2015-10-15 15:26
8:42分鍵コメさん

こんにちは^^

フランスもいろいろと近隣諸国との戦争によって領土が変わり、このあたりは、国境に近いから歴史的にはいろいろなことがあったようです。
修道院の歴史とフランスの歴史は切ってもきれませんね!
そしてこの辺りはまたフランス人でも違う民族みたいですね、それが誇りみたいでした♪

いえいえ、お忙しい中、コメ頂き恐縮してます。
いつも、笑える、楽しいコメや真剣なコメ有り難いです♪
こちらこそ、拙いブログをほぼ毎日(時々休み)なので、時間が許す時ということで・・・気にしないで下さいませ。
ブログは、やっぱ楽しくが一番ですネ(^_-)-☆
Commented by ayayay0003 at 2015-10-15 15:39
旅プラスさん

こんにちは^^
こちら、てっきり行かれたものかと思ってました!(^^)!
そう言われてみれば、地球の歩き方を私も見直してこの記事を書く時の参考にしましたが、あまり大きくは出てなかったしそう必見のようには書いてなかったですね(笑)
ツアーはバスなので、ちょっと寄るという感じでした(^^♪

行って見て私もびっくり~で、今までの教会では5本の指に入るくらい印象に残るところでした!
ツアーでいっしょした若い方が、美大卒でここの彫刻は凄いと言って、最後の3枚(回廊部分)は彼女といっしょに撮りました!
タンパンの部分は言うまでもありません。
回廊は、結講美しいところは他にもありますが、ここはその中でも5本の指に入ることは間違いないです♪
近くまで行ってながら「しまった~~」というところは、私も多々ありますョ^^;
Commented by ayayay0003 at 2015-10-15 15:46
kaorunさん

こんにちは^^
ミディ運河沿いをバスで走りましたが
車窓もどうしてなかなかよかったですよ~♫
なにせ、30度くらいありましたから、歩くには向いてなかったです(笑)
何というんでしょうか?着いた瞬間から感動でした!
こんな素晴らしい彫刻はそうそう観れるものではなく
そんなに超有名なところではなかったから、ツアーで連れて行ってもらはないと見落とすかもしれない場所でした!
中庭のアーチも、ほんとにゆっくり歩いて見ました。
回廊は、涼しくて歩いていても気持ちよかったです♪
個人で行かれる方用には日本語の音声で説明するのを貸してくれるようでしたよ、有料だと思いますが。
Commented by morris-mami at 2015-10-15 18:45
アリスさん、こんばんは〜⭐︎
いいなぁ。。。フランス❤︎
京都も風情があって素敵なんだけど、やっぱり西洋のものに心惹かれてしまいます。^^
教会のエレミア像と聖パウロ像の彫刻、見事ですね。
見てみたいです。
壁の模様、教会っぽくなくって、可愛いですね。
そして、世界一、美しい回廊・・・本当に美しいなぁ・・・って、しばし写真眺めちゃいました。
アリスさんのブログ拝見してると、海外旅行行きたい病が、出ちゃって困ってます。><
Commented by katcat2121 at 2015-10-15 21:55
素晴らしいですね! ブラボ〜♪
暗号や回廊、壁も気になりましたが...
やはり 入口が 一番印象的でした!
バババァーーーんって、感じで 惹き込まれます!
Commented by doronko-tonchan at 2015-10-16 06:05
トゥール―ズ、モワサック、タルン、ガロンヌ・・・
知らない単語が新語のようで新鮮です。^^

タンパン!?は知ってます。(笑)
Commented by flight-of-icarus at 2015-10-16 06:22
こんにちは☆
この場所、BSテレビで見たことあります!
実際に見ると感動するのでしょうねぇ^^
彫刻が丁寧に彫ってあって、歴史を感じますね♪
Commented by ayayay0003 at 2015-10-16 08:23
まみさん

おはようございます^^
フランスってやっぱ、ヨーロッパの王道ですよね(^_-)-☆
いろいろなところへ行きましたが
フランスは見どころも多いです☆
田舎ですがこんな素敵な教会があったり・・・
ブログに載せるということもありますが
以前より丁寧に見るようになり相乗効果があります(^^♪

彫刻とか、あまりよく知らない私ですが、イイものは見るだけでも感じるものがあります♪
回廊は、ほんと綺麗で、歩いてる時もイイ時間を過ごしてるな・・と幸せな気持ちになりましたよ。
ここは、南西フランスを訪ねる機会があれば一押しの教会です☆
見てコメントいただきありがとうございます(*^_^*)
Commented by ayayay0003 at 2015-10-16 08:26
k◎さん

おはようございます^^
暗号とか言われると、ダ・ヴィンチ・コード思い出しません?(笑)
何で暗号にする必要があったのかなんて考えちゃいます(^_-)-☆
この教会のタンパンは、これまで見た中では5本いや3本の指に入るかもです☆
コメントありがとさ~ん(^^♪
Commented by ayayay0003 at 2015-10-16 08:38
とんちゃん

おはようございます^^
「トゥール―ズ、モワサック、タルン、ガロンヌ・・・」は
私もこの旅で覚えました(笑)

あら~、「タンパン」は私だって若い頃(いつだ(・・?)は・・・ですヨ(^_-)-☆
Commented by ayayay0003 at 2015-10-16 08:42
イカロスさん

おはようございます^^
BSテレビであったんですね~観とけばよかった~(^.^)
キリスト教の知識がイマイチなもんで・・・
この正面の彫刻は、ほんとうに素晴らしかったです♪

<< 秋刀魚の花椒煮の夕食♪ 大覚寺@龍頭船 >>