アルビのサント・セシル・大聖堂@フランス

ロートレック美術館の庭を見学後、世界遺産サント・セシル・大聖堂へと。



f0295238_22065959.jpg

現存する最古の煉瓦造りの建物で144m×35m、高さ40mの外壁と

高さ78mの鐘楼を持ち

異端カタリ派に対するカトリックの威厳を示し

荘大で城塞のような外観です。



f0295238_22313172.jpg


世界で唯一残っているという内陣との間の仕切りの装飾。

凄い細かい彫刻が施されていてそれは素晴らしかったです(^^♪

もう少し分かりやすく撮れればよかったです^^;



f0295238_22352421.jpg

パイプオルガンの下には「最後の審判」の壁画があります。

とても素晴らしいものでした☆


f0295238_22373232.jpg


パイプオルガンも立派です。

その上の天井を見たら

鮮やかな青色、パステルの青を使い描かれた天井画です。

500年もの時を経ても色褪せてなかったです!

ここ、トゥ―ルーズ地方は、この時代、唯一青色の染色の大青(たいせい)という

アブラ菜科の植物(菜の花のような黄色の花が咲く)の産地で栄えた司教都市だったのです。



f0295238_22413364.jpg
f0295238_22422447.jpg

内陣の中のお宝?だと思います。

説明をメモってなかったので分かりません(笑)




十字軍の戦いから数十年を経て、1287年に竣工し

1480年まで200年の歳月をかけて完成素晴らしい大聖堂でした。






二つのブログランキングに参加しています。

一日一度のクリックがランキングに反映する仕組みになっています。

よろしければ二つともクリックしてくださると嬉しいです(^-^)




にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ


人気ブログランキングへ


[PR]
by ayayay0003 | 2016-02-03 08:06 | 旅行 | Trackback | Comments(18)
トラックバックURL : http://arischan.exblog.jp/tb/24923029
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by arak_okano at 2016-02-03 09:03
松山城と思ったら、ヨーロッパ、幅が広いですね、見事な解説の紀行文、どちらもバグースです。
Commented by ahana12 at 2016-02-03 09:20
おはようございます??
煉瓦造りの外観が雰囲気あって素敵ですね✨
そして中の彫刻から壁画何とも美しくて、その場で目の前にしたらみいってしまいそうです。
大聖堂って入る機会がなかなかないのでこうして見せて頂けるのは有り難いです~⤴
いつもありがとうございます(*^。^*)
Commented by rinkatu at 2016-02-03 10:35
いつもと変わらぬコメントかもしれませんが
歴史の重みがあって
先人の凄さを知って
行っていなくてもこうして知ることが出来る!
アリスさんに感謝~(*^_^*)
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-02-03 11:37
こんにちは

これ凄い大聖堂ですね。フランスは煉瓦造りの建造物自体が少ないのですが、
トゥールーズの近辺だけは煉瓦造りが多くて例外です。
修復中の外観はまるで、ゴシックとは異質の構造ですが、内部はコテコテの初期ゴシックで、
この落差は実に独特で面白いと感じました。

仕切りの装飾はよくまあ造ったという素晴らしさですが、天井の青いフレスコ画も貴重なものでしょうね。
トゥールーズ独特の染色方法が、そんなに昔から存在したということにも驚きます。
最後の審判は壁画でしょうけど、実にリアルで立体的に見えるので、
当時の絵画技術は相当高かったと思われます。
感想ばかり述べましたが、さすが世界遺産。素晴らしいです。
Commented by umitosora14 at 2016-02-03 12:52
こんにちは^^
この教会の外観は、独特の趣ですね
ほんと、城塞のようです
で、中の装飾がとても対照的で繊細です
それにしても、天井のブルーの鮮やかなこと!
青が好きなので、見惚れてしまいました^^
青色は、そちらの有名な産物なんですね
素敵な色合いですね~♪
Commented by kaorunchoko at 2016-02-03 13:05
❤アリスさん こんにちは!
わぁ~素晴らしい世界遺産でしたね!!!
これを観る為に、ロートレック美術館はパスされちゃったんでしょうね・・・

とっても綺麗な彫刻の仕切りですね~!そして何よりも天井の絵が凄いですね!
青がとっても美しく感動です!しかも500年もの歳月が経っているなんて
とっても信じられない発色です!
アブラ菜科の植物なんですね。それも驚きです\(◎o◎)/!
他の色合いも、とっても美しいし、彫刻も素晴らしい!
何時か、行ってみたいです(*^。^*)
最後の横たわった美人さんが気になる所です(笑)
Commented by ayayay0003 at 2016-02-03 13:12
アラックさん

こんにちは^^
6月のフランス旅行週一アップなので、まだ半分過ぎたくらいです(笑)
添乗員さんの説明メモを取ってるつもりですが、抜けてるとこ結講ありです(^。^)
見てくださりありがとうございます(^^♪
Commented by ayayay0003 at 2016-02-03 13:15
ふくさん

こんにちは^^
こちらのトゥールーズ地方は、煉瓦の産地でもあり煉瓦が多いです!
日本人から見ると珍しいですよね!
外から見たのと全然違う繊細な作りに驚かされましたよ☆
ヨ―ロッパへ行くと大聖堂多いですが、そこそこで特色があり面白いです♪
こちらこそ、いつも見てくださりありがとうございます(^^♪
Commented by ayayay0003 at 2016-02-03 13:18
rinkatuさん

こんにちは^^
いえいえ、私もずいぶんたくさんの大聖堂を見てきましたが
それぞれに歴史の重みをひしひしと感じますよ☆
私だってクリスチャンではないし、世界史に強くないので
いつも即席勉強です(笑)
いつも見てくださり感謝です(^^♪
Commented by ayayay0003 at 2016-02-03 13:28
旅プラスさん

こちら、外からでは想像が出来ないような繊細な作りの素晴らしい大聖堂です☆
こんなに大きい建物なのに細部に至るまでの装飾の素晴らしいことと言ったら・・・
でも、こちらを訪れた時、外の暑さでくたびれてて・・・
どうも、あまり説明をメモってなかったみたいです(-_-;)
↑言い訳にはなりませんが・・・(笑)
内陣の説明などは、ネットには出ていなくて残念です。

天井の青については、いろいろと調べると載っていました(^。^)
500年も前、まだインドから藍から作る青色染料が入ってくる前の時代です。
ほんものの色はもっと美しくて、今度フランスへ行く機会があれば
是非、こちらはお薦めです。
最後の審判は、システィナ礼拝堂が有名ですが、ここのも負けないくらい素晴らしかったですよ(*^_^*)
アルビは、街そのものが世界遺産のようですね♪
Commented by ayayay0003 at 2016-02-03 13:33
umiさん

こんにちは^^
外観を見ると入って見学するのもういいや!と思うかもですね(笑)
中へ入ってこれほどのギャツプがある教会も珍しいでしょう!
500年の時を経てるようには見えない天井ですよね(^^♪
天井、修復は、してないそうです。
パステルという名前の染料、植物だそうで
私も、そちらの方に俄然興味がわきました(笑)
umiさんは、やはりブルーがイメージですよ♪
Commented by ayayay0003 at 2016-02-03 13:42
kaorunさん

こんにちは^^
そうなんですよ~
こちらは、期待はしないで入っただけに感動でした(*^^)v
時間の関係で両方は見れなかったのだと思います。

彫刻の仕切りもこちらにしかないなんて思わず見てたので
こんな写真しか撮ってないのです^^;
天井のブルーの壁画も、もっと撮ればよかった!
そんな私の旅行記ではありますが、行く時の参考になれば
とっても嬉しいです(*^_^*)
パステルという名前の染色料があるというのも、こちらを訪ねたから
知ったわけで、単なる海外旅行でもいろいろと勉強になります。。。
最後の写真、調べたけど出てこなくて残念です・・・^^;
出張から帰り今日もお仕事のところ見ていただいてありがとうございます(^^♪
Commented by milletti_naoko at 2016-02-03 17:17
アリスさん、青い天井の細やかな装飾がすてきですね。パイプオルガンと壁画もみごとです! 昔むかしのカトリック教の大聖堂はこういうお話を聞くとなおさら、異端とみなされた宗教に対する執拗なまでの迫害も思います。

大青はおそらく、わたしたちが草花染め講座で布染めの伝統的な染料として学んだホソバタイセイ(イタリア語でguado)だと思います。

夫も興味を持って種をもらったことがあり、ただし、そうやってあちこちで購入したりもらったりする種が多いので、庭に菜の花のような花が咲いたとき、それが実はホソバタイセイだと気づくまでには時間がかかりました。参考までに花の写真へのリンクを付しておきますね。
http://cuoreverde.exblog.jp/23933912/
Commented by ayayay0003 at 2016-02-03 18:05
なおこさん

こんにちは^^
なんだか、異端とみなされた宗教とその迫害は、怖いものがありますよね!
この度のフランス旅行では度々その話が出てきたのでこころが痛みました^^;
このような外観の大聖堂がそれを象徴してるということにも驚きです。

中は、うって変わり素晴らしいもので、この青色の染料、なおこさんが草木染めに使われていたとはまたまた驚きです(*_*)
世の中、狭いですね!
菜の花のようなお花というのにも興味深々でしたから、なおこさんのブログで花のお写真を拝見出来るとは嬉しいです(*^_^*)
早速、見たいと思います♫
Commented by cynchia at 2016-02-03 20:03
こんばんは、ブログで旅した気分です、
ありがとうございました。
Commented by ayayay0003 at 2016-02-03 21:57
シンシアさん

こんばんは^^
私も、いつもシンシアさんのブログで早朝散歩させていただいていますよ(^^♪
実際は、早朝散歩ほとんどしない私です(笑)
Commented by ho-joan at 2016-02-03 23:22
こんばんは☆

国内から海外まであちこち見せていただけて嬉しいです♪

やっぱり外国はスケールが違いますねぇ~

色んなところに旅した気分にさせていただいています。    ぶりん
Commented by ayayay0003 at 2016-02-04 08:31
ぶりんさん

おはようございます^^
こちらの教会は、すっごく大きくて・・・
こういうのはやっぱ、カトリックの本場という気がします!
私は、クリスチャンではありませんが
教会を見るのはこころが落ち着きますね~♫
見ていただきありがとうございます♪
<< 節分2016年♪ 松山城二之丸史跡庭園1 >>