カルカソンヌの夕食とシテ@フランス

カルカソンヌの続きです(^^♪



f0295238_17023301.jpg

カルカソンヌの夕食は、眺めのよいレストランに出かけました♪

こちらが、その夕食のレストランからの景色です~(*^^)v

ちょっと木が茂り過ぎて邪魔なものの眺めは素晴らしかったです。



f0295238_23130033.jpg


レストランは、トロワクーロンヌというホテルのレストランでした☆

ホテルもこちらだとシテに近かったのですが

多分、満室だったのだと思います^^;



f0295238_23161257.jpg


こんなおもしろい写真も撮りましたよ!




f0295238_23174175.jpg

夕食のお料理なのですが・・・

前菜のサーモンのテリーヌ、

デザートのヌガーアイス

↑は美味しかったおですが・・・



f0295238_23165892.jpg

こちら↑の鴨と白ソ―ゼージのカスレは

郷土料理らしいのですが

脂っこくて、私たち日本人には三分の1でも多くて食べられませんでした^^;

ごめんなさいです・・・

カスレについて追記します!↓

篭城した市民が家庭に残っていた食材である豆、雑穀、豚や腸詰や鴨などの
鳥獣肉を持ち寄りまとめて大鍋に入れ煮込んだものがカルカソンヌの名を冠したという
鍋料理カスレのルーツになったと言われている。

あ、赤ワインは美味しかったです(^_-)-☆



f0295238_23221720.jpg


こちらのホテルからは、シテと城下町を結ぶ橋、ポン・ヴィユーが近くて

こんな感じでした☆



f0295238_23244503.jpg

カルカソンヌは、市内を流れるオ―ド川を挟んで

右岸の高台を占める中世の町シテ(↑写真)と

13世紀に整備された城下の下町バスティード・サン・ルィに分かれます。

私たちのホテルは城下町のほうでした。

オード川の向こうには、シテの全景が現れます。

まるで中世の絵巻物語から抜け出たような姿です(^^♪

この写真は、夕食後にこちらのホテルの屋上から撮影したものです♪




f0295238_23302656.jpg
f0295238_23304085.jpg

そして、ずいぶん粘りに粘って

ブル―アワーくらいまではいましたが・・・

↑で午後8時半くらいですが・・・

この時期は、日が落ちるのが遅くて

一番撮りたい夜景まではいられなくて残念~^^;

まあ、私のコンデジでは、ブルーアワーがせいぜいでしたので

いられても夜景は無理だったかも(・・?



f0295238_23333062.jpg

しかし、種あかしすると・・・

帰ってたら日が落ちてきてちょうど橋にかかるころには

絶妙の夜景が現れたものの、肝心のカメラの充電が切れてしまい・・・

撮れなくて・・・ガッカリ~(;_:)

↑は、同じツアーの方に画像をwifiでいただいたものです☆

ありがとうございました(^-^)



f0295238_23415566.jpg

なので、ホテルへ帰ってから

やけ酒ならぬ、やけコーヒーをネスプレッソでいただきました(笑)

アンティークなホテルですが、こういうのは最新式でうれしかったです(^_-)-☆

いよいよ翌日は、シテの観光です☆





二つのブログランキングに参加しています。

一日一度のクリックがランキングに反映する仕組みになっています。

よろしければ二つともクリックしてくださると嬉しいです(^-^)




にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ


人気ブログランキングへ


[PR]
by ayayay0003 | 2016-02-17 08:41 | 旅行 | Trackback | Comments(16)
トラックバックURL : http://arischan.exblog.jp/tb/24965817
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ☆彡異邦人 at 2016-02-17 09:19 x
☆彡 アリスさんへ ☆彡
カルカソンヌの景色はまるでルノアールの絵の様に
嫌いなところですね。
こんな眺めの良いレストランでの食事はさぞ美味しかったことでしょうね。
Commented by hagukitchen at 2016-02-17 10:20
アリスさん
おはようございます( ´ ▽ ` )ノ

これくらいにシテ←これがいいたい^^;
帰って来られたんですねー

素敵なところですね!
テリーヌが美味しそうだし〜♪

さすがにムリ!なお料理もありますよね
いくら強靭な胃袋のわたしでも
パイ包みに白子のソテーとか
フレンチはきついものです。。。

でも、ちょっと気分を上げてこんなところ
行ってみたいんですよね〜
普段が普段だけに…ε-(´∀`; )
Commented by arak_okano at 2016-02-17 12:08
天神さんの次がおフランス、いや凄いですね、バグースです。電池切れ、アラックは何回泣いたことでしょうか。そう、昔は水中でフィルム切れで泣きました。前のダイビングで数枚残し、陸上で使ってフィルム交換のつもりが忘れるんです。
Commented by kaorunchoko at 2016-02-17 12:29
❤アリスさん こんにちは!
わぁ~~今日もまた、とっても素敵な景色\(◎o◎)/!
3枚目の写真は何モードだったのかな~?
不思議な曲線で、まるで絵画の様ですね!
下から5枚目の写真もオレンジ色に暮れかかる雰囲気が素敵で
これまた絵画で見た事あるような景色ですねヽ(^。^)ノ
カメラの電池って予備持ってないと不安ですよね(>_<)
私もよく電池切れして後悔してます。。。

サーモンのテリーヌ美味しそう~♫手間のかかるお料理ですよね!
ヌガーアイス!?食べた事無いです。
ヌガーって聞くと甘いって、イメージですが、アイスだと美味しそうですね♫
うん!確かにそのカスレは脂っこそう・・・(^_^;)
ホテルのネスプレッソ!こういうサービスは、嬉しいですね❤
今日も素敵な景色、見せて下さり、ありがとうございま~すヽ(^。^)ノ
Commented by umitosora14 at 2016-02-17 12:39
こんにちは^^
フランスの空気がこちらにまで伝わってくるようです^^
テリーヌ、美味しそう~♪
食べたいなぁ^^
で、なかには、確かに口に合わないものもありますよね^^;
それもまた、異文化の味ですよね(笑)
ブルーアワーのお写真、素敵です^^
わたし、ほんとの夜景よりも、
ちょっと暮れなずむ頃のほうが好きだったりします♪
Commented by ayayay0003 at 2016-02-17 13:55
☆彡異邦人さん

こんにちは^^
カルカソンヌは、フランスの世界遺産の中でも人気の場所です。
このような眺めのよいレストランに案内されるとは夢にも及ばず・・・
ラッキー☆と思いました!
食事は、美味しいものと、そうでないものと・・・(笑)
お料理については↑追記しました!
Commented by ayayay0003 at 2016-02-17 14:02
にこりさん

こんにちは^^
このお料理がどうして美味しくなかったのか?↑に料理が出来た経緯を追加しました!
籠城した時のお料理だから仕方ないか?
↑美味しくないなんてどの口が言うのかしら~(^。^)

なので、これくらいにシテ帰りました(笑)

テリーヌとアイスがあれば私には十分でした←ウソと思うでしょう?
朝も昼も食べ過ぎてますから夜少なめでちょうどいいんです(笑)

いつか、御家族?ご夫婦?で訪ねてみてください。
そのためにも健康第一にネ(^_-)-☆
カルカソンヌを見てからシネ!と歌い文句の観光地です☆
Commented by ayayay0003 at 2016-02-17 14:06
アラックさん

こんにちは^^
京都に天神さんに飛んでしまいややこしくてすみません(^_-)-☆
京都旅行の時は、充電時間も十分ありこんなことはないのですが・・・
海外は写真撮り過ぎて、こんなことが度々・・・
ああ、一番撮りたい時に電池がないなんてなんです!
アラックさんもなんですね!
ダイビング中にフィルム切れ悲しいですね~(;_;)
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-02-17 14:10
こんにちは

中世の町シテと、城下町サン・ルイ。なんか聞いたことが、あるなと思いましたが、
パリ・セーヌ川の中州のような小さな島が、シテ島と、サンルイ島でした。
パリ発祥の地と称される島の名前と一緒なのは偶然の一致でしょうが、面白いですね。

写真の下から3枚目あたりで、20時半ですか。いい眺めですね。
城壁の下のほうが、ちょっと黄色く見えるのですが、この時間でもうライトアップが
始まってるみたいですね。おとぎの国みたいです。

最後にバッテリー切れですか。そりゃあ残念でしたね。
1人旅だったら完全にアウトですが、ツアーで他の方もいらっしゃったのが良かったですね。
私は城壁内のホテルだったので、この幻想的な景色は見てないのですが
文中にもありましたように、まさに中世の絵巻物のような景色ですね。
Commented by ayayay0003 at 2016-02-17 14:18
kaorunさん

こんにちは^^
いつも、見てくださりありがとうございます(*^_^*)
3枚目は、コンデジの魚眼風です。
コレがおもしろくて、フランス旅行中に何枚か撮りました☆
ココ、カルカソンヌの観光歌い文句ですが
「カルカソンヌを見て死ね!」なんですよ~ちょっと~ですが・・・^^;
そのくらい美しい風景ということでしょうか!
そして、このシテの外からの城壁を含めた写真が有名で
絶景の場所なんですよ!
そのまさかの場所で電池切れ~(;_:)
オレンジ色をお褒めいただき本当にありがとうございます♡
↑優しい人柄がにじみ出ていますよ(*^_^*)
海外では、何度も電池切れ経験してるのにまたヤッちゃいました!
負け惜しみですが、コンデジでは美しい夜景は無理だったと思うことにしました^^;

お料理については、追記してみました↑
なので、あまり美味しくなくて当然かな?と思いました!(笑)
アイスは、思ったよりは甘くなく美味しかったと記憶しています。
甘くて食べられなかったら鮮明に記憶に残るハズなので(笑)
私が利用したホテルでネスプレッソが置いてあったのは、日本も含めてこのホテルだけです。
いつも本当にありがとうございます♪

Commented by ayayay0003 at 2016-02-17 14:50
旅プラスさん

こんにちは^^
私、この記事を書くにあたり
もう一度、地球の歩き方を復習いたしましたところそのように記してあり
そのまんま一部を省いて載せました(笑)
旅プラスさんが書いてくださったことには気が付かなかったけど
なるほど、面白いですね~(^-^)

ここからの写真が凄くイイ眺めだと思われますよね!
私は、橋からの写真が撮れなかったので紹介できないのですが
本当は、ポン・ヴィユー橋からのシテの写真が最高です☆
旅行雑誌や女性誌には橋からの写真がよく掲載されていると思います。
有名な謳い文句「カルカソンヌを見てから死ね!」と共によく見かけます!
20時半頃の写真、これを編集するにあたりほんの少し暗くしました。
この写真は、撮った時はなんとも思わなかったのですが今見るとよかった♪
と思えます(*^_^*)

旅プラスさんは、城壁の中のホテルだったと以前返コメで伺いましたが
お散歩で橋からのお写真撮られてると思ってました!
その頃は、カメラはあまり興味なかったのかな?
私は、シテ観光よりも、この景色にかけていたので、がっかりして落ち込んでいました(;_;)
今頃になり、ブルーアワーよかったじゃない(*^^)v
と思えるようになりました(笑)
お褒めいただきほんとになぐさめになります、ありがとうございます(*^_^*)
Commented by ayayay0003 at 2016-02-17 14:58
umiさん

こんにちは^^
ごめんなさい、返コメ順を間違えちゃいました^^;
こんな感じでソソッかしいので、まさかの電池切れとかになるのです!
お料理については、そのルーツを追記してみました。
なるほどな感じです(笑)
umiさんにもブル―アワーのお写真お褒めいただきありがとうございます。
↑皆さんにそう言う風に言っていただいて自分は何て小さい人間なんだろうと実感します!
この時は、コンデジオンリーだったのでそう美しい夜景が撮れたとは思えませんが
それが目当てだっただけに残念で仕方ありませんでした(笑)
今思うと、小さいことなんですけどね(^。^)
カルカソンヌは、素晴らしい世界遺産なので次回のフランス旅行の時はお薦めですよ☆
Commented by milletti_naoko at 2016-02-17 18:46
アリスさん、城壁が取り囲む美しい街と、川と緑が調和して、本当に美しいいつまでも眺めていたい景色ですね。全景もですが橋や緑が川に映っている写真もとってもすてきで、わたしもいつか行ってみたいなと思いました。肝心なときにデジカメの電池切れ!! 待ちに待たれた瞬間だっただけにさざかし残念だったことと思いますが、目と心にはいつまでも残ることでしょう♪ わたしは長い旅行で、特に巡礼などでは充電できない可能性もあるのに撮影枚数が多いので、最近はいつもカメラ購入と同時に予備の電池も高いですが購入しています。枚数を気にせずに撮影できるからなのですが、あとで無数の写真からほしい写真を探したり、選んで削除したりするのに苦労します。

籠城は本当につらいもので、こちらでは時々中世を扱った歴史番組を見るのですが、そんなものまでというものまで、最後には飲んだり食べたりすることを強いられたそうです。その頃を偲ぶ気持ちがこういうお料理につながったのでしょうか。好きな人にはたまらないのでしょうが、わたしも内蔵は苦手です。
Commented by ayayay0003 at 2016-02-17 23:02
なおこさん

こんばんは^^
こちら、カルカソンヌは、日本ではあらゆる雑誌に取り上げられた人気の観光地です☆
南西フランスと場所が遠く行くのが不便なので、日本から個人で行くには難しい場所です。
なので、ほとんどがツアーで訪れているみたいです。
なおこさんとこからなら近く、またなおこさんはフランス語も大丈夫なので機会は近いうちにあると思います。
カメラの充電、今までも何度か同じことを経験しているのに、また同じことを繰り返してしまいました!^^;
次回からは、気をつけたいと思います。

このお料理は、歴史から生まれた料理なので、郷土料理になっているのでしょうけど、私たち日本人には、この脂っこさは、どうも好きになれない味でした^^;
まあ、こういうのは、味の好みもあるので、仕方ないですね!

Commented by haru2721 at 2016-02-17 23:58
アリスさん、こんばんは~

とっても素敵ですね~~
お城を見ていると、
物語の中にいるみたいな気分になりますね(*^_^*)

まさかのバッテリー切れ(-_-;)
わかります~~~~
Commented by ayayay0003 at 2016-02-18 13:45
haruさん

こんにちは^^
そうなんです(*^^)v
こんなに素敵な場所で・・・

しかも狙ってた夜景が~(;_;)
今度からは絶対気をつけるぞ~(笑)
↑毎回同じこと言ってる気がしますが・・・
<< 栗林公園梅園@可愛い野鳥さん♪ 北野天満宮♪ >>