ルツェルン@スイス♪

シャフハウゼンで昼食後は、バスでルツェルンへ向かいました(^^♪



f0295238_11493510.jpg

ライオン記念碑

スイスは、中立国としての宣言をする前から中立的な立場にあったが

山岳国のため貧しく生活の為に他国で戦う傭兵が相当数いました。

フランス革命では、ルイ16世に忠誠を貫き786人のスイス兵が戦死しました。

勇敢な彼らを心臓を矢で貫かれた瀕死のライオンになぞらえ1821年に

慰霊碑が完成しました。


こちらは、実は訪れたの2度目でしたが

前回は、独身時代に友達とで大昔(笑)

なので、ライオン像の記憶はあったのですが

こんな場所だったんだと記憶にはなかったです(笑)

隣には、氷河公園があるそうですが時間の関係で行かなくて

ちょっと残念でした^^;






f0295238_11520095.jpg

かペル橋

14世紀後半に造られた全長204Mの木橋

湖からの敵の侵入を監視する巡視路として架けられたもの。

季節のお花で飾られててとても美しい橋です(^^♪

1993年に火災により焼失したが翌年に再建したものです。


↑なのでギリギリ焼失前にも見てるのですが

以前と変わらないかな?くらいにしか思えませんでした(笑)

↓内部を見たら新しいかな?とも思いましたが。。。


f0295238_11565299.jpg

17世紀には、↑の橋の梁にルツェルンの歴史や守護聖人が117枚描かれたが

これも火災で焼失したので新しく描かれたものです。


f0295238_11593807.jpg

橋から見たロイス川対岸、古い街並みが残っています。

お天気は、こちらに着く直前まで雨が降ってて心配したけど

この空のように弱間晴れ間も出て

なんとかもってくれた天気でした!

気温は、18度とメモにありました(^^♪


f0295238_12072559.jpg

クラム通り、この周辺には土曜日になると市がたつそうです♪

最初にルツェルンに来た時は、

この美しい街並にとても感動したものです(^^♪


f0295238_12082579.jpg

シュプロイヤー橋

カペル橋の下流3つ目の橋。

要塞の一部として1408年に造られました。

1566年に嵐で全壊するものの再建され

17世紀には、橋の途中に礼拝堂が設置されました。

↑赤いとんがり屋根のところがそうです。




f0295238_12113732.jpg

こちらの橋にも梁には三角形の板絵が掛かっています。

死神を象徴するがい骨が人々と戯れる絵は

画家、カスパー・メグリンガーによるものです。

↑ちょっと気味悪かったですけど・・・(笑)

ルツェルン、あと1回続きます。







二つのブログランキングに参加しています。

一日一度のクリックがランキングに反映する仕組みになっています。

よろしければ二つともクリックしてくださると嬉しいです(^-^)




にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ


人気ブログランキングへ


[PR]
by ayayay0003 | 2016-07-26 06:48 | 旅行 | Trackback | Comments(16)
トラックバックURL : http://arischan.exblog.jp/tb/25491026
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by lovelypoodle at 2016-07-26 07:30
おはようございます~
ルツェルン 陸のイメージのスイスですね。
しかも水が豊富ですね。
落ち着いた街並みがきれいですね~
カベル橋の写真を大昔私の恩師に見せてもらって、
その美しさが印象に残っています。
きっとそれは消失前の物でしょうね。
同じ様に再現されて、見る人は嬉しいでしょう
こんな橋を渡ってみたいな~
Commented by cynchia at 2016-07-26 08:18
おはようございます、ヨーロッパは色々な歴史があり、しっかり伝えられていますね、
Commented by ☆彡異邦人 at 2016-07-26 09:19 x
☆彡 アリスさんへ ☆彡
スイスは、カぺル橋にしろシュプロイヤー橋にしろ
木造を生かした自然の物を使うのが多く見られますね。
やはり湖にマッチしていますよね。


Commented by tabi-to-ryokou at 2016-07-26 10:37
こんにちは
ライオン記念碑は懐かしいです。
私がルツェルンを訪問したのは30年くらい前。
カペル橋は、火災前のオールド・バージョンでした。
やはりライオンよりも、橋が記憶に残ってます。花が飾られた綺麗な橋ですよね。
橋と一緒に、あの一連の歴史画が全部焼けたというのをニュースで見た時は
がっかりしましたが、今は橋も、絵も綺麗に蘇りましたね。
景色に、川か湖がつきものなのは、いかにもスイスですが、
涼し気な街の写真に癒されました。
Commented by rinkatu at 2016-07-26 11:30
スイスの山と川と町並み
その中で見える遠い昔の過去
今はゆっくり佇み観光できる幸せでしょうか(^^♪

Commented by kaorunchoko at 2016-07-26 12:17
❤アリスさん こんにちは!
こちらへは二度目だったんですね!
時を経て同じ場所へ行くと見るものや、
見える景色もきっと変わって見えるんでしょうね。
ロイス川対岸からの古い街並みとっても綺麗ですねヽ(^。^)ノ
クラム通りの橋も素敵です。
直前までの雨が嘘のような晴れ間☀良かったですね♫
青空と真っ白な雲が「外国」って感じです!
↑何となく・・・こんな空ちょこ家地方では見られない気がします(笑)
最後の写真もちょっとドキドキですが、何かきっと意味があるんでしょうね(^_^;)
続きも楽しみにしてますね~♫
Commented by ayayay0003 at 2016-07-26 18:24
ロン母さん

ルツェルン2回目だったのですが
やはり1回目の時とはまた違う感じでした(^^♪
自分の年齢で、好きな場所や、感じ方も違うんだなあ~
とヒシヒシと感じたのであります♪
特にカペル橋は、ほんと以前とは大きく印象が異なりました!
以前のは、もっともっとインパクトがありました☆
全く同じに造られててもどことなく違うのかもしれないですね~
見てくださってありがとうございます♪
Commented by ayayay0003 at 2016-07-26 18:25
シンシアさん

こんにちは^^
こちらは、スイスでも山ではないのですが
とっても素敵な湖の街で素敵なところでした(^^♪
Commented by ayayay0003 at 2016-07-26 18:28
☆彡異邦人さん

木の橋は、やはりあたたかみがありますね(^-^)
やはり山岳国なので木が豊富に使えるからでしょうか?
ルツェルンは、湖のある素敵な街ですよね~(^^♪
Commented by ayayay0003 at 2016-07-26 18:37
旅プラスさん

こんにちは^^
旅プラスさんも、カペル橋が印象深かったですか?
私は、お初のヨ―ロッパ旅行で行ったので
尚、ココ、ルツェルンのカペル橋は印象深いです☆
多分、寸分違わず再建されたとは思いますが
私が最初に感動したあの面影がなくてちょっと残念な感はありました!
歴史の重みまでは再建出来ないのかもしれないですね!
私の写真には、そのガッカリ度が出てると自分でも思います^^;
↑写真ってウソはつけないですね~
なので、全体の写真で清涼感を出してごまかしているのかもしれないですね(^。^)
Commented by ayayay0003 at 2016-07-26 18:39
rinkatuさん

ライオンの像は、以前見た時も思いましたが
ほんとに悲しそうな像でこころが傷みます^^;
平和で、そして、今は山岳国で自然という財産があるスイスはリッチになりましたね(^^♪
Commented by ayayay0003 at 2016-07-26 18:44
kaorunさん

こんにちは^^
そうなんです、2度目でしたが
このカペル橋を見るのが楽しみでした(^^♪
やはりいろんな意味で感慨深い2度目となりましたが・・・
ルツェルンの街はとても素晴らしいところです♪
やはり湖に面した街は美しいです♪
まあ、それには、お天気も重要になってはきますが
とりあえず、雨じゃなくてよかったです(^-^)
スイス1国周遊される機会があればココは絶対外せない街ですよ(^^♪
いつも見てくださってありがとうございます♪
Commented by akkophoto1201 at 2016-07-26 22:53
アリスさん、こんばんは^^
あぁ~どれもこれも、本当に刺激的♪
自然豊かなスイス、美しい町並みも
素晴らしいところですね^^
木の橋って、ちょっと懐かしくもあり、素敵だな~
橋に季節の花が飾られてるなんていうのも
なんだかツボ抑えてますね(*^^)v
私もこんなところ、歩いてみたいです^^
Commented by milletti_naoko at 2016-07-27 02:13
屋根がある橋でマディソン郡の橋を思い出してしまったのはわたしです。水のすぐ上にかかる木の橋たち、橋も眺めも風情があってすてきですね♪ 教会はイタリアのトレンティーノとつくりが似ているのが興味深いです。三角の絵を屋根にというのもおもしろいのですが、絵にはなんと骸骨が! 夜に渡るには度胸が要りそうな橋ですね。 
Commented by ayayay0003 at 2016-07-27 14:00
なおこさん

そうか、マディソン郡もそうでしたね~☆
木の橋って今ではなんだか貴重ですよね!
教会の建物などは、ヨ―ロッパ内では共通するものもあるのですね(^^♪
昔訪ねた時は、この三角の板の絵のことなどは、全然記憶になくて
今だからじっくりと見られるような気がしました!
ただ、がい骨の絵は、ちょっと・・・でした(笑)

Commented by ayayay0003 at 2016-07-27 14:41
a*kkoさん

こんにちは^^
順番、間違えてごめんなさいm(__)m

a*kkoさんの山のお写真拝見してたら
スイスと同じものを感じて
とっても懐かしい気持ちになりました(^^♪
お山の早朝の気持ちのよさと言ったら何にも代えがたいものがありますね☆

こちらは、スイスの街なのですが
この次で紹介する予定ですがこの町からもアルプスが見れて
とっても素晴らしいところでした☆
湖に木の橋、ほんとに絵になりました(^^♪
いつか機会があれば是非お薦めのスイスの町ですよ♪
<< 豚と玉ねぎと大葉の冷シャブ♪ Lotus♪ >>