ルツェルン旧市街@スイス♪

ルツェルンでは旧市街を散策しました(^^♪


f0295238_23272526.jpg

このようにオープンカフェでお茶してる方がたくさんいました。


f0295238_23283999.jpg


そこへラッキーなことにお祭り?

ちょっと雰囲気を味わいました(^-^)


f0295238_23295998.jpg

ワインマルクト広場

聖マリティウスの噴水です

↑は、1481年石工エコンラ―ト・ルックス作

聖マリティウスというのは兵士の守護聖人で後期ゴシックの噴水で

これはレプリカ、本物は歴史博物館にあるそうです!

このように噴水があちらこちらにあるのがスイスの街らしいです♪

後ろの建物のフレスコ画は、「カナの婚礼」が描かれてるそうです。



「カナの婚礼」

ガリラヤのカナで、キリストは婚礼の祝宴に招かれ、そこで最初の奇跡を成し遂げる。
祝宴の最後に葡萄酒が足りなくなってきたため、
キリストは召使たちに石の甕を水で満たして家の主人に出すよう告げる。
そして主人はその水が葡萄酒に変わっていることに気付くのである。
使徒ヨハネによって語られているこの挿話は、聖体の秘蹟の成立を予示する出来事である。
新郎新婦は食卓の端に座って中央の座をキリストに譲っている。
こうしてキリストは、聖母、使徒ら、聖職者、王侯、
ヴェネツィアの貴族たち、ターバンをかぶった東方の人々、
そして多くの召使いや、民衆に囲まれている。
幾人かの人々は古代風の伝統的な衣装に身を包み、
とりわけ婦人たちといったその他の者たちは豪奢な髪型や飾り物を身に付けている。

とルーブルにある絵についての注釈なので当てはまらないものもありますが
そういう聖書の物語が描かれているということです。


f0295238_23315786.jpg

このようにワインマルクト広場でフレスコ画が素晴らしいと撮影していたら・・・

なんと素晴らしい美女軍団が記念撮影してらして(*^_^*)

スタイルも抜群~☆



f0295238_23334292.jpg



コインマルクト広場です。

穀物市場があった場所で1365年にこの場所にあったのが確認されています。

こちらの広場では、毎朝ファーマーズマ―ケットが開催されて賑わうそうです。

ルツエルンに宿泊していたら行ってみたいところですね(^^♪


f0295238_23343538.jpg

こちらが、旧市庁舎です。

1602年~1606年の建築で

イタリアルネッサンス様式だそうです。

ワインマルクトからこちらに市庁舎が移されかつては市政の中心地でした!


f0295238_23384311.jpg

こちらは、カラフルな噴水はフリッチの噴水です。

15世紀まで遡る伝説の人だとかで、彼の妻、子供、農夫なども描かれ

人気のある噴水?だとか・・・

1918年、ネオルンネサンス様式で作られ15世紀の謝肉祭、春、喜びを表しています。



ルツェルンはまだ少し続きます。。。



二つのブログランキングに参加しています。

一日一度のクリックがランキングに反映する仕組みになっています。

よろしければ二つともクリックしてくださると嬉しいです(^-^)




にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ


人気ブログランキングへ


[PR]
by ayayay0003 | 2016-08-02 06:31 | 旅行 | Trackback | Comments(18)
トラックバックURL : http://arischan.exblog.jp/tb/25533115
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by lovelypoodle at 2016-08-02 07:02
おはようございます~
さすがスイスと言えどもヨーロッパですね~
石畳や石造りの建物が建ち並び、趣がありますね。
壁にフレスコ画が普通に描いてあるって、ある意味凄いですよね。
カナの婚礼は初めての奇跡で有名な場面ですね。
私のこの場面のお話は印象的ではっきりと覚えています。

そして美女軍団~ 美しい~!
市庁舎も歴史があって素晴らしい~
Commented by milletti_naoko at 2016-08-02 07:19
スイスはいろんな国に囲まれていて、交通もあったでしょうから、さまざまな文化の影響を受けた建築があるのだなと、興味深く拝見しました。家の壁のいろんなところに描かれた絵がすてきですね♪
Commented by butanekoex at 2016-08-02 08:06
オープンカフェの様子は、いつ見てもヨーロッパの雰囲気でいいですね♪
スイスは山とハイジ!というイメージだったのですが、
噴水がたくさんあるのですか。

町、建物自体が 歴史ある芸術作品、そんな雰囲気です^^
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-08-02 10:29
こんにちは
ルツェルンというとカペル橋しか、記憶がなかったのですが、
広場と噴水と、フレスコ画もありましたね。
車が1台も見当たりませんが、旧市街は乗り入れ禁止ですか。
車が無い方が、この町並みと広場には合いますね。

3枚目・4枚目の壁に描かれたフレスコ画ですが、あの高さに描くのは
結構大変だったと思います。
下地に漆喰を塗り、乾かないうちに顔料で描くので、時間との勝負です。
「フレスコ」の語源は、英語の「フレッシュ」の語源と同じらしいです。
Commented by ayayay0003 at 2016-08-02 11:29
ロン母さん

こんにちは^^
スイス、お山のイメージが強いのですが
街は、しっかりとした特徴がありますね(^^♪
こちらルツェルンでは特にたくさんフレスコ画が描いてあって
あまりに美しいので驚きました(*^_^*)
ロン母さんは聖書の物語をいくつかご存知なのですね!
私は、あまり知らないのでこの記事を書くにあたり少し調べて知りました(笑)
とっても素晴らしいエピソードのお話ですね☆
ルーブルの絵の方も見たくなりましたよ(^^♪

そうそう、この美女軍団を撮らないと・・と。。。(笑)
こういう歴史ある街の散策は楽しいです、撮影も^^
Commented by ayayay0003 at 2016-08-02 11:32
なおこさん

スイスは、歴史的にも傭兵で他国へ赴く人が多いという
特殊な環境にあったという事実がそこ、ここに刻まれていると感じました!
噴水の守護聖人が兵士の守護聖人だったというエピソードなどは強くそれを感じますね☆
イタリアもそうですが、こういう壁に描かれたフレスコ画は、やはり素晴らしいですね♪
Commented by ayayay0003 at 2016-08-02 11:36
butanekoexさん

ここは、特にオープンカフェでお茶してる方が多いと感じました!
するとこのお祭りのような方の行進があったので皆さんこれを見るために待ってたのかな?
なんて感じもしました(^^♪
スイスは、アルプスからの水が豊富にあるので街には噴水が多いのでしょうね☆

でも噴水の本物が、歴史博物館にあるというのに驚きでした!
そんなに貴重なものなのですね、噴水も芸術作品(・・?
イタリアは、本物でも外に出っぱなしなのですが(笑)
Commented by ayayay0003 at 2016-08-02 11:47
旅プラスさん

こんにちは^^
私も、もちろん旅プラスさんに右へ倣えでした(^。^)
カペル橋以外に見るところはあるの?的感覚でした!
旧市街は、車の乗り入れは禁止のようでした。
徒歩で十分観光出来る距離ですしね。
こんなに美しい街並が残っているなんて予想外でした!
↑○○年前では記憶から抜けおおちてました(笑)

フレスコ画ってそんなに時間との勝負とは知らなかったです!
その時代に高い場所に上って描いてたとしたら
高所恐怖症では絵描きさんはできなかったということでしょうね(^。^)
Commented by ☆彡異邦人 at 2016-08-02 12:10 x
☆彡 アリスさんへ ☆彡
ヨーロッパではこうしたオープンカフェが
多く見受けられますよね。
やはり湿気のない天候や太陽の日差しが違うのでしょうね。
また、ルネッサンス様式などの建造物が未だに見られるとは
優れた建築の技術が分かり、見た目にも美しいですね。
Commented by kaorunchoko at 2016-08-02 12:19
❤アリスさん こんにちは!
ルツェルンの街、素敵ですね~♫
パレードの一団に出会えてラッキーでしたね!
「カナの婚礼」初めて聞きました。
私も全くキリスト教とか分かっていなくて…
ヨーロッパへ旅行したり、絵画や彫刻、芸術を楽しむなら
重要な事ですよね(^_^;)
でも勉強しても、直ぐ忘れる!というか、覚えられないんです(>_<)
美女軍団!素敵~❤みんなスタイル良いな~羨ましいです!
毎朝行われるファーマーズマーケット見てみたかったですね。
街のあちこちに噴水があって、お散歩も楽しいですね(^^)v
続きも楽しみにしてますね~♫
Commented by ayayay0003 at 2016-08-02 14:39
☆彡異邦人さん

オープンカフェでこのようなお祭りを見物するのもいいですね(^^♪
日本でも、東京で見かけますが
真夏はダメなのでしょうね!
建物の美しさは、ほんとうに目を見張るものがありますよね☆
Commented by ayayay0003 at 2016-08-02 14:45
kaorunさん

こんにちは^^
ルツェルンの街、以前訪ねたのが随分前なので
こんな街だったのかな(・・?
と、初めて訪れたかのような感覚でした(笑)
聖書の物語は、教会のフレスコ画などにもたくさん描かれていて
知ってると見ても楽しいのだろうに・・・といつも思うばかりです(笑)
まあ、その度に調べたら良いということで・・・(^。^)
美女軍団、イイですよね~羨ましい☆
宿泊するともっともっと楽しめる街ではないでしょうか?
マ―ケットは、面白いですよ!昨年のフランスではかなり行きましたから♪
いつも見ていただいてありがとうございます(^^♪
Commented by hagukitchen at 2016-08-02 16:19
スイス

名前からして涼しげです
スイスイス〜…失礼しました^^;

アリスさん こんにちわ〜♪
美女軍団、みんな白Tにジーンズですね
モデルさんでしょうか〜?
兵隊さんに逢えるとはなんとも嬉しいサプライズですねナントッ!!Σ(゚∀゚ノ)ノ
お城を守る兵隊さんとか
生きてる?息してる?人よね?って、目を合わせたくなるんですけど、私だけでしょうか…(笑)
Commented by ayayay0003 at 2016-08-02 17:17
にこりさん

こんち~(^^♪
30度超えで過ごすと今くらいになるとバテテバテテ・・・(笑)
スイスの涼しいのが懐かしい~☆
夏場に涼しいシ~ンをアップしようという魂胆です(^。^)

白Tにジーンズ憧れるけど
余程若いか?またはスタイルバツグンじゃないと無理~~~(笑)
記念撮影に見えたけどモデルさんの撮影だったかも(・・?
何しろ言葉が分からないから???
ココは、兵隊さんに扮してるのでしょうけど(笑)
バチカンのスイスの兵隊さんとかは
動かないから生きてるの?とか思っちゃいますね(^。^)
Commented by umitosora14 at 2016-08-02 19:45
今晩は^^
ルツェルンの街、綺麗ですね
家の壁のフレスコ画も見事です
「カナの婚礼」はルーブルで一番の大作ですけど、それほど人気じゃないんですよ^^;
ナポレオンの戴冠式のほうが人気です
聖書の大事な一場面を描いてるのですけど、
その肝心のキリストが、中央に描かれているけれど、目立ってないんですよね。。。
他の人たちやモノがいっぱい描かれすぎてて(笑)
Commented by ayayay0003 at 2016-08-02 19:53
umiさん

こんばんは^^
ルツェルンの街並がこんなに美しいなんて
私の記憶にはありませんでした・・・(笑)
そして、ルーブルの絵も何度か見てるはずなのにこの絵は記憶にないんです(爆)
自分で意識してコレが見たいと思わないとあの広大な美術館で
絵を見るのは難しいなあ~と感じています^^;
聖書のお話を読んで解説を読んで初めて興味が持てるのかもしれないですね♪
いつも見てくださってありがとうございます(^^♪
Commented by haru2721 at 2016-08-02 20:46
こんばんは~

とても絵になる美しい街ですね~
素敵です(*^_^*)
美女軍団、かわいい~~~♥
Commented by ayayay0003 at 2016-08-03 06:51
haruさん

おはようございます^^
見てくださってありがとうございます~(^^♪
壁は、もちろんですが
美女は、撮らずにいられませんでした(^.^)/~~~
<< ささみの梅青紫蘇ロールの夕食☆ 瀬戸内の真夏の夕景♫ >>