化野の念仏寺2♪

化野念仏寺の西院の河原と呼ばれてるところです♪


f0295238_15115223.jpg
f0295238_15121635.jpg
f0295238_15131040.jpg

中での撮影は禁止されてますので

外から撮りました

このような境内にまつる八千体を数える石仏・石塔は

往古あだし野一帯に葬られた人々のお墓です

何百年という歳月を経て無縁仏と化し

あだし野の山野に散乱埋没していた石仏を明治中期

地元の人々の協力を得て集め

極楽浄土で阿弥陀仏の説法を聴く人々になぞらえ配列安祀しています

この無縁仏の霊にローソクをお供えする

千灯供養(8月23,24日)は有名です



f0295238_15240128.jpg

左上は、本堂です

本尊さまは、阿弥陀仏座像で湛慶の作

立派なお焼香が置いてありましたので

お焼香させていただきお参りしました


お焼香

1回するのは、一心不乱に霊を念じ香を薫じる

2回は、戒香(心身を清める)定香(心身が清浄となる)の意味

3回は、三毒の煩悩(むさぼり、いかり、おろかさ)を焼き捨てる事などの意味


とのただし書きがありふむふむと読みましたので記録しておきます



f0295238_15352110.jpg

境内にはこのように立派な竹林もあり

ココで撮影されてる方がいたので

後ろ姿ですがモデルになっていただきました(^^♪



f0295238_15562759.jpg

あだし野は、化野と記す

「あだし」とははかない、むなしいとの意で

又、「化」の字は「生」が化して「死」となり

この世に再び生まれ化る事や

極楽浄土に往生する願いなどを意図している

この地は、古来より葬送の地で

初めは風葬であったが後世土葬となり石仏を奉り

永遠の別離を悲しんだ所である

パンフより~

なので、若い時は、正直この場所は少し苦手でした

今、お参りすると、なんだか落ち着きます(^^♪



f0295238_15400642.jpg

帰りに、参道にある釈迦、弥陀二尊の石仏をじっくりお参りして

こちらのお寺を後にしました

この石仏も湛慶作、鎌倉彫刻の秀作とされています

時を経て土や苔と同化してより温かみを感じました♪

最後にお参りの人々を見送ってくれている

そんな風に感じます(^^♪







二つのブログランキングに参加しています。

一日一度のクリックがランキングに反映する仕組みになっています。

よろしければ二つともクリックしてくださると嬉しいです(^-^)




にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ


人気ブログランキングへ


[PR]
by ayayay0003 | 2016-10-10 08:17 | 旅行 | Trackback | Comments(16)
トラックバックURL : http://arischan.exblog.jp/tb/26316658
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by umitosora14 at 2016-10-10 10:04
おはようございます^^
化野の念仏寺、こういう感じなんですね~
名前だけしか知りませんでしたけど、
たくさんの石仏に圧倒されます
最後のお写真、釈迦、弥陀二尊の石仏、
この苔むした感じが、温かみを感じますね
ほんとに、お詣りした人を見送ってくれてるみたいです^^
Commented by arak_okano at 2016-10-10 10:06
アラック、撮影して、仏様に手を合わせて、次に走ります、いろいろ教えていただきありがとうございます。竹林の道に行かれましたね、バグースですよね。
Commented by yocomilk at 2016-10-10 10:57
おはようございます。
お焼香の意味、なるほどと読ませていただきました。
勉強になります。
若い頃は苦手だったものが落ち着くように感じるのって、すごくわかります。
お寺の彼岸花なども、昔はなんとなく怖かった気がします。

お写真素敵です。
人物が入ったもの、もみじが入ったものがすごく好きです!!
Commented by ☆彡異邦人 at 2016-10-10 12:21 x
☆彡 アリスさんへ ☆彡
境内の中の竹林は和風景そのものですね。
心のざわめきや煩悩、静寂な落ち着きなど
竹林に吹く風の如き、お線香と共通した意味の
念じるものが重なり合う様な気がします。
Commented by ayayay0003 at 2016-10-10 12:31
umiさん

こんにちは^^
私の拙い写真では伝えきれてなのですが
ほんとにこの年齢だからこそこのお寺さん参りを
堪能することが出来たような気がいたしました♪
最後の写真、共感いただいてありがとうございます(^^♪
参道を下りながら、ふと目に止まり、この仏様を撮ってなかった☆
と思い撮った一枚です(^-^)
仏様に呼びとめられたそんな気もしました~(*^_^*)
Commented by ayayay0003 at 2016-10-10 12:35
アラックさん

アラックさんがこちらを訪ねる時期は
おそらく凄い人出なのでしょうね~(@_@;)
季節外れでしたから、いろいろと説明を読みながら
お参りすることが出来、お勉強になったので書きとめました♪
竹林の道、大昔(私の学生時代)はなかった気がします?
見てくださってありがとうございます(^^♪
Commented by ayayay0003 at 2016-10-10 12:44
yocoさん

こんにちは^^
人出がなくゆっくりのお参りでしたので
ふと本堂の前でお焼香してたら但し書きに目がいきました♪
↑こういうの読むのが大好きなんですよ~(笑)
メモ(写真に撮り)して、書いておこうと思いました☆
学生時代に友達とこちらへお参りした時、なんだか怖い感じがして
それからは疎遠になっていました(;一_一)
↑なんてバチ当たりなんでしょう私とも思いました!
共感していただいてありがとうございます(*^_^*)
今の年齢だからこそ感じることが出来るものがたくさん有りますね♪

もみじが入ったのすごく好きと仰って頂きありがとうございます(*^_^*)
↑ピンが甘かったけど自分ではとても気に入ってる1枚です♪
Commented by ayayay0003 at 2016-10-10 12:48
☆彡異邦人さん

竹林、嵐山には、本格的な竹林がありますが
最近は凄い人出で、あまり撮る気になれません^^;
ここなら静かで、ちょうど良いくらいの人でした♪
お寺さん参りすると、いろいろな思いがよぎりますが
ここでは、そのような思いがなんだか落ち着くべきところへ
導かれているそんな気持ちになりました(^^♪
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-10-10 16:30
こんにちは

今日の関東地方は、やっと雨もあがり、遠方まで撮影に出かけました。
幻のシクラメンじゃなくて、本物のサルビアと、コキアです(笑)
明日以降の日記をお楽しみに。

西院の河原ですね。上3枚の写真を拝見して、おぼろげに思い出しました。
私のお焼香は2回だったり、3回だったり。だって、後ろに行列が続いてると
早くしなければと焦るんですよね。
そうか~、おろかさを焼き捨てなかったことが、過去に何回もあります。
次回からは3回、きちんとやります(^。^)

境内の竹林は見事です。モデルさんも素敵ですね。
釈迦、弥陀二尊の石仏は、鎌倉時代からの歴史と見事に同化しましたね。
この時代の石仏で作者名が刻まれ残っていたというのが、すばらしいことだと思います。
Commented by ayayay0003 at 2016-10-10 18:32
旅プラスさん

こんばんは^^
もうコキアのシーズンですか(*_*)
早いですね~~~
メチャクチャ楽しみにしています(*^_^*)

私も、ここを再訪するまではおぼろげになんだか怖いイメージで記憶してました!
でも、実際再訪したら感動の連続でしたけど・・・
本堂は、お勤め中で、お焼香をしよう!という気にさせていただきました♪
そして、この但し書きを読んで、これは記録しないとと思いました(^。^)
なかなか↑を改めて勉強する機会もないので私も知れてよかったです(^^♪

竹林は、昔はなかったと思います!
ちょうど良いモデルさんがいてラッキ―でした☆
鎌倉時代からの石仏、パンフに説明がないと見過ごしてしまうかもしれないですね^^;
ゆっくりと仏様を見て拝んで撮影出来てよかったです(*^_^*)
Commented by kaorunchoko at 2016-10-10 21:42
❤アリスさん こんばんは☆
化野念仏寺!ここはもう随分前ですが、
京都の友達に連れて行ってもらった事があります!!!
彼女もアリスさんと同じで、此処へ来ると気持ちが落ち着くと。。。
私はちょっと心がザワザワしちゃいました(^_^;)
圧巻ですよね!なんと言ったらよいのか。。。
結構こう言う所弱いんだな~(^_^;)

ここで、「つもりちがい十か条」と「豆腐」の紙をいただいたのを覚えています。
なるほどな~~って感動しました。
お焼香の話し、私も2or3回、やっぱ3回必要かな(;一_一)
竹林に着物美人さん!ラッキーでしたね。とっても素敵な写真です。
Commented by ayayay0003 at 2016-10-10 22:37
kaorunさん

こんばんは^^
京都のお友達と行かれたことがあるのですね~(^_-)-☆
随分前とのこと!
若い時は、ココのお寺の良さはなかなか解りにくいかと。。。

ここのお寺の方に「つもりちがい十か条」と「豆腐」の紙をいただいたのですか?
渋いですね~
お焼香の話、偶然にただし書きを見てよかったです~(*^^)v
竹林、嵐山の方は人混みですが、ココは貸し切りでよかったです~
kaorunさんも今このお寺を訪ねたら多分落ち着くかと思いますよ(^^♪
Commented by hogecyan at 2016-10-10 22:56
素敵な後姿、、、
いいなあ。。
Commented by ayayay0003 at 2016-10-10 22:59
keitoさん

こんばんは^^
お着物の方、いらっしゃってメチャ、ラッキーでした☆
Commented by milletti_naoko at 2016-10-11 06:05
あだし野は、高校2年生を受け持つたび、徒然草を教えるときに、知ったかぶりをして教えていたのですが、どういうところか具体的に映像として想像したことがなかったので、アリスさんのおかげで、今頃ああこういうところだったのだと知りました。美しい場所ですね。
Commented by ayayay0003 at 2016-10-11 06:36
なおこさん

古文には当然出てきますものね~
昔とはこの辺りも随分違って、この辺りお店やさんが少しいて
観光客が人力車に乗ってたりしますよ~
でも、嵐山からは随分離れているので紅葉シーズンにでもならないと
静かで落ち着いているのでお薦めのお寺さんです(^^♪
いつかご主人様と訪ねることができたら行ってみてくださいませ~(^-^)

<< サルラの夕食@フランス 栗の渋皮煮ロールケーキ♪ >>