ユングフラウヨッホ駅@スイス

ユングフラウ駅へ登山電車で登る途中です♪


f0295238_06163818.jpg

途中の駅、Eigarband(アイガーバンド)とEismeer(アイスメ―ア)の駅です

↑の地図を見たら解りますがアイガー北壁の中を掘削して作った駅です

往路は、ここで5分程のトイレ休憩はあり

岩に穴が開いていて、窓があり

アイガーバンド駅からは

アイガーの北壁の中から直に壁が見えます↓


f0295238_07060351.jpg

なんなんだ?

この写真は?て言う感じの下手っぴいな写真ですみません^^;

右の岩は、間違いなくアイガー北壁の一部です(笑)

余談になりますが

アイガーで遭難した人を助け出すためのドアもありまして

そちらの方は鉄格子がかかっていていざとなると開けてそこから人が

出入り出来るそうです



そしてアイスメ―アの駅の窓からは、フィッシャー氷河と景色が見えるはずでしたが

この日は、残念ながらまっ白で何も見えず写真も撮りませんでした(泣)



f0295238_06232733.jpg

ユングフラウヨッホ駅です

標高3454m、ヨーロッパ最高地点の鉄道駅です

ユングフラウ鉄道の建設は明治29年(1896)に、
スイスの鉄道王、アドルフ・グイエールによって始まりました
グイエールは「トンネルの急こう配を登るには、
車体が重く煙の出る蒸気機関車ではだめ」と考え、
電車を通すため、
ふもとのラウターブルンネンに発電所を建設してアイガーを貫く工事をしました
トンネル工事中に爆発事故で作業員が死亡するなど難工事となり完成までに16年もかかり
完成したのは1912年のことでした
今、ヨーロッパで最も標高の高い鉄道駅のユングフラウヨッホに
年間70万人の観光客を運んでいます


山を掘って地下にあるのでゴツゴツした岩が壁です

駅には、10ヶ国語で歓迎の挨拶がありました

日本語があるのはやはり嬉しいですね(^-^)


f0295238_10291232.gif

私は、ブルーで示されてるウェンゲンアルプ鉄道の

ウェンゲンというところから出発して

ユングフラウヨッホまでの行程が↑のような感じです

8時半過ぎ頃ウェンゲンを出て10時少し前にユングフラウヨッホに到着しています



f0295238_06152688.jpg

列車を降りたら進行方向(右側のドアから降りた時は左手)に向かって歩き

先頭車両を回りこむと A. Guyer-Zeller 1839-1899 と書かれた胸像があります

この胸像こそ、約1世紀前にアイガーをトンネルで貫き展望台を建設した設計指揮者

アドルフ・グイヤー・ツェラー氏



胸像と自動ドアを通過すると、暖房がきいた(20度程)0階ロビーに到着です

そして、右の懐かしい赤い郵便ポストもこの0階ロビーにあります

山岳郵便局 姉妹提携20周年記念とあります

2012年には20周年記念に式典が行われたそうです

富士山五合目郵便局2305mとユングフラウヨッホ山頂郵便局3454mとは姉妹郵便局でした

この郵便ポストがスイスに贈られたのは1993年

日本にもスイスの四角く黄色い郵便ポストが贈られたそうです

ここからの年間投函数は、150万~200万通

1日平均は3000通、多い日は5000通だそうです

私も家へ葉書を投函しました☆

ラウターブルネンの駅で葉書を購入して前日に書いたものを持参しました♪

このポストは、実際に使われていますし

もちろん日本人専用でもありませんから世界中の人が

このポストから投函してるとおもうと嬉しいですね(^^♪




f0295238_11141738.jpg

そして建物の中に入って撮ったユングフラウです☆

ガラス越しですがこんなに綺麗に見えました(*^_^*)

何もガラス越しで撮らなくてもですが

お山の天気は変わりやすいので見えるうちに撮っておこう!

という考えです~(笑)



f0295238_11161949.jpg

建物の中にはこのようにお土産物屋さんも

もちろんありますよ(^。^)

この後は、スフィンクステラスと呼ばれる展望台へと記事は続きます♪







二つのブログランキングに参加しています。

一日一度のクリックがランキングに反映する仕組みになっています。

よろしければ二つともクリックしてくださると嬉しいです(^-^)




にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ


人気ブログランキングへ


[PR]
by ayayay0003 | 2016-10-14 07:23 | 旅行 | Trackback | Comments(22)
トラックバックURL : http://arischan.exblog.jp/tb/26386506
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by milletti_naoko at 2016-10-14 07:34
こんな高みまで電車を通してしまおうと考え、実際に実現してしまうなんてすごいですね。そんなにも大勢の人がユングフラウを毎年訪れるとは、びっくりしました!

日本の赤い丸いポストもなつかしいです。そんな遠くの白雪の中で現役で世界中に手紙が届く役に立っているなんて♪
Commented by hagukitchen at 2016-10-14 07:41
そーんなにたくさんの手紙が!!!
驚いたところで
アリスさんおはようございます(*^^*)
わたしもそこに投函したひとりです。
なんだか嬉しいですね、日本のものがこんなところにあるなんて♡

なんだか最後のお土産屋さんも日本っぽくないですか?
Commented by cynchia at 2016-10-14 07:57
おはようございます、懐かしい、規模は違いますが室堂が似ていますね。赤いポスト、知りませんでした。
Commented by arak_okano at 2016-10-14 08:34
お寺と思えば、またアルプス、世界の駆け巡りにバグースです。いや、昔に凄い鉄道を造ったものですね、驚くばかりです。アイガー北壁に窓がある、ありゃ!
Commented by rinkatu at 2016-10-14 08:48
地図見ながらだと
どう行動されたのかとか
位置的とか
すごく分かりやすい授業です^^
日本のポストが世界で使用されてるって感じで
なんだか温かい光景ですね~(^.^)
Commented by ayayay0003 at 2016-10-14 08:51
なおこさん

100年前にこの鉄道を作ろうと考えたことじたい素晴らしい発想ですよね☆
そのおかげで、私も含めて、歩かなくてもこんなにお山の高い場所まで登れるようになったわけですから!何度でも訪れたくなる場所ですね(^^♪

この日本のポストが贈られたのが1993年ですから近年と言えば近年ではありますね!
私、前回の時は全くこのポストには気がつかず・・・?
前々回にはなかったと思います(笑)
Commented by ayayay0003 at 2016-10-14 08:56
にこりさん

おはようございます(^^♪
あ、病院の先生、良い先生でよかったです~
私、副鼻腔炎では5年前にとてもつらい思いをしたので
良い先生にかかって治して下さいませね(^-^)

にこりさんも投函されたのですね☆
私、1回目の時はこのポストじゃなかったと思います!
↑どんだけ昔やねん(笑)
正確には添乗員さんが預かって出してくれました~(^_-)-☆

そうそう、ここのお姉さんは、日本人の店員さんでした!(*_*)
買う暇がなくて買わなかったのですけどネ・・・
Commented by ayayay0003 at 2016-10-14 08:59
シンシアさん

山岳ホテル、室堂、素敵でしたものね~
ここは、お土産屋さんやレストラン、展望台はありますが
残念ながらホテルはないので室堂のがいいですネ(^_-)-☆
赤いポストは、1993年に日本から贈られたので、それより前の訪問だったのでは?

Commented by ayayay0003 at 2016-10-14 09:06
アラックさん

同じ月に行ってたとしたら凄いのですけどネ(^_-)-☆
この鉄道の歴史を知れば知るほど凄いなあ~と感じています。
それに、最近になってから、こういう歴史を駅に展示したりして
登ってくる観光客に見せるように力を入れているみたいで
私も以前行った時よりかは興味を持っていろいろなものを見ることが出来よかったです(^^♪
アイガー北壁に窓があり覗けるって面白いですよね!
わりと皆さん知らないみたいです(^-^)
Commented by ayayay0003 at 2016-10-14 09:16
rinkatuさん

おはようございます^^
お山は、こういう地図がないと
説明するのも理解していただくのも難しいのでは?
と考える業者さんもいらっしゃったりしますので
もらえるところから頂いた地図です(^_-)-☆
そう仰って頂いて貼った甲斐があります、ありがとうございます(^^♪
日本のポスト、もしかしたらこれがスイスのポスト?
なんて誤解する外国人がいませんでしょうか?(笑)
日本人としては嬉しいですよね~ちなみに日本に贈られた富士山5合目のは実用してはないのだとか!
Commented by otti468 at 2016-10-14 09:55
これは想像外の世界でした~~
すごい世界ですね~
トンネルと言えば黒四ぐらいしか知りませんしね~
丸い郵便ポスト・・・ほっとします^^;;日本人として^^~
素晴しいレポート次回も楽しみです^^;;~
Commented by ☆彡異邦人 at 2016-10-14 09:55 x
☆彡 アリスさんへ ☆彡
☆彡異邦人も同じくユングフラウヨッホへ行きました。
ガスが掛かっていて山頂は見えませんでしたので、
お土産屋さんで、エーデルワイスを刺繍した財布と
帽子を買って来ました。全部自分用でしたけどね。
(笑)
Commented by ayayay0003 at 2016-10-14 10:32
otti468さん

おはようございます^^
見てくださってありがとうございます(*^_^*)
この鉄道のトンネルは、有る意味世界一のトンネルかも(・・?
黒四は、もう随分前に訪ねたので記憶が(笑)
このポストが実用されてるのが嬉しいですね(^^♪
Commented by ayayay0003 at 2016-10-14 10:37
☆彡異邦人さん

異邦人さんが行かれた時はガスがかかっていたのですか?
それは残念でした^^;
私も2回目(前回)は同じくで、あまり写真も撮りませんでした(@_@;)
でもお天気が悪いとお土産屋さんでゆっくりと吟味する時間は取れますものね~
何か良いことはあるものですね(*^_^*)
スイスは高価ですから自分土産になりますよ(^^♪
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-10-14 10:54
こんにちは
アイガーバンド駅は、もろに北壁でしたね。
ここは、壁と雪しかないので、この2枚目の写真が正統派の撮り方です(^。^)
アイスメーア駅からは何も見えずですか。
でもユングフラウヨッホ駅の展望台からは絶景が見えて良かったですね。

私が訪問したのは1980年代でしたから、この赤いポストはまだ無かったです。
こんな綺麗な土産物屋さんも記憶に無く、カフェがあったのは覚えてます。
スタバじゃないですよ(^。^)、極めてオーソドックスなカフェでした。

でも年間70万人が訪れるなら、土産物屋さんも、カフェも、レストランも売上凄いでしょうね。
外は寒いでしょうが、きっと「左うちわ」に「右うちわ」ですね(^。^)
Commented by yocomilk at 2016-10-14 13:41
こんにちは♪
写真と地図を見ながら・・ふむふむ。
お勉強になりますね(^^)
遠く離れた地で、日本語や日本のポスト、なんだか嬉しくなってしまったことでしょう。
そこから自宅へはがきを出すってロマンですね~♡
Commented by ayayay0003 at 2016-10-14 16:54
旅プラスさん

こんにちは^^
アイガーバンド駅って北壁の中にあるのかな?
とうすうす思ってたのですが、今回の旅行でいろいろ調べていてはっきりと
理解した私です←エッ今頃???と驚かないでくださいね(笑)
写真もうちょっと北壁らしく撮りたかったです^^;
途中の駅からの景色も全て見ようなんて凄い晴天の日じゃなければ無理なのでした(>_<)
贅沢は言えませんね!

私も1回目は、ギリギリこのポストが設置される前でした!
そして2回目は天候が悪くてテンションが↓で写真は殆ど撮らず・・・^^;
お土産屋さんもカフェも記憶にないのです(笑)
↑天候でこうも気持ちが違うとは・・・

次回の記事でスタバではないのですが超嬉しいお店があったので紹介しますね(^^♪
ほんと羨ましい程の繁盛ですよね(^_-)-☆
アルプスという財産が羨ましいです☆
Commented by ayayay0003 at 2016-10-14 16:59
yocoさん

こんにちは^^
この地図があった方があとから自分も見なおして
理解しやすいかな?と。
すぐに忘れちゃいますからネ(笑)
ココからはがき出すのは2度目なんです、3回行ってるのに2度です!
2度目は、お天気最悪でした(@_@;)
お天気が悪いとテンションが↓で写真も撮れない記憶もないはがきも出さない!
お山のお天気だよりなスイス旅行です(*^_^*)
見てくださってありがとうございます(^^♪
Commented by pothoslime at 2016-10-14 21:32
アリスさんこんばんわ~
凄い凄い~!!!
こんなところを電車が通ってるんですか@@;
こういうところを電車で登って、高山病とかにはならないんでしょうか?
びっくり、雄大、素敵です☆
日本のポストも大活躍で嬉しいです。
建物の中から撮ったユングフラウ…
ガラスがフィルターのような効果になってて、全体に群青色の画面が山の厳しさをよく出してるように感じました。
ほんと素敵なところに行ってこられたんですね(^-^)
Commented by ayayay0003 at 2016-10-14 21:42
ぽとすさん

こんばんは^^
1回目にココを訪れた時は若過ぎてあまり興味が持てませんでした!
2回目は、天候が悪くて雨と霧で何も見えずテンション↓写真もあまり撮らず^^;
3回目でようやくこの電車のことや線路のこと興味深々で勉強出来ました!
高山病、あまり早く歩くとなります!
とにかくゆっくり歩かなくてはなりません!
それでも体質の合わない方は軽い高山病になり気分が悪くなるそうです^^;
私は、3度目でしたので大丈夫と確信してましたが注意して前日の十分な睡眠と
アルコールなどはなしにして気をつけてましたよ!
建物の中からわざわざお山撮らなくてもとも思いましたが
ほんとに色が違うので撮っておいてよかったです~♫
お天気がイイとテンション↑ってやたらと写真撮りまくりでした(笑)
3回目でしたけど感動の連続でしたよ(^^♪
Commented by kaorunchoko at 2016-10-15 00:32
❤アリスさん こんばんは☆
アイガー北壁の中を掘削して作った駅なんですか\(◎o◎)/!
凄いですね!なるほどそれがアイガー北壁の一部ですか!
確かに遭難した人を途中で中に引き入れられれば、救助をする方々も
ちょっとは助かりますよね。。。
外国の観光地で、日本語表記のある解説があるって嬉しいですよね(^_-)-☆
そして見覚えのあるポスト!これまた嬉しい発見ですよね。
一日にそんなに郵便物が出るんですか\(◎o◎)/!
アリスさんは何を書いてポストに投函したのかな~~♫
旅先から自分に手紙を出すなんて、素敵です!
ユングフラウ綺麗に写せて良かったですね(*^^)v
一生行けないかもしれない場所。。。見せてもらえて本当に嬉しいです。
続きも楽しみにしてますね~♫
Commented by ayayay0003 at 2016-10-15 07:57
kaorunさん

おはようございます^^
私も3度目にしてようやく把握したのでした(笑)
今まで、あまり興味がなかったとも言えます^^;
やはり、ブログ、写真の力は凄いです☆
この日本語標記は、それくらい日本人が多いという証拠でもありますが・・・
ポストにしても、この贈った頃は、観光客の40%くらい日本人だった頃もあるとか?
今は、隣の国に負けてると思います、残念ながら・・・
はがきですか?なんかとりとめのない事を書いてますが
ここに来られて有り難い、感謝しますというようなことでしょうか(^。^)
いえいえ、ココは、周遊の観光コースに入ってますから気軽に来れるところです!
まずは、ヨ―ロッパ個人旅行に出る前にツアーの周遊コースをおすすめします!
そうすると自分で行く時のコッを掴むことが出来ますよ(^^♪
いつも見てくださってありがとうございます(*^_^*)
<< 初秋の栗林公園♫ 梨の木神社@京都 >>