聖護院門跡@京都

聖護院門跡の特別拝観へ行きました☆
12月8日までです


f0295238_17011623.jpg

1350年前、役行者(えんのぎょうじゃ)634~701年
が開かれた宗旨ですがその後10代の山伏を経て天台宗
第五代座主智証大師圓珍(814~891)に伝わりました
智証大師は、熊野那智の滝で千日間行をされた後
大峰入峰修行を行われました
その大師の後を三井寺の増誉大僧正も大峰修行をして
修験僧(しゅげんそう)として名を馳せ
1090年に白河上皇が熊野三山参詣される時
先達を勤められた功績により「聖護院」を賜り
本山派修験(山伏)の総本山となりました

後白河天皇(1156-58)の皇子、
静恵法親王が宮門跡として入寺されてより後、
明治維新まで37代門主のうち、25代は皇室より、
12代は摂家より門跡となられた皇室と関係の深い寺院です。



京都市左京区聖護院中町15番地にあります。
900年前に現在の場所に建てられましたが、
4回の火災で市内を点々とし、今の場所に戻ったのは約300年前のことです。
明治までは西側に聖護院村があり
、鴨川にかけてうっそうとした「聖護院の森」が広がっていました。
その森の中にある御殿であることから、
「森御殿」ともよばれ、
今でも近所には聖護院と呼ばずに、「御殿」と呼ぶ方もあります。
この森の紅葉は、錦の織物の様に美しい為「錦林」と呼ばれ、
「聖護院」と共に今も地名として使われています。
聖護院の南西にある熊野神社は、
平安時代に「聖護院の森」の鎮守として祀られ、
若王子神社、新熊野神社と共に「京の熊野三山」として崇敬されていましたが、
応仁の乱(1467)で焼失、
1666年聖護院道寛法親王によって再興されました。
あの有名な聖護院大根や八つ橋は
この聖護院村で作られていたことから「聖護院」の名が冠せられたのです。

以上は、HPからの説明です

f0295238_17160244.jpg

f0295238_19072358.jpg
大玄関

<狩野永納、益信筆>

山門正面の宸殿への入口である。
内部には桃山障壁画の遺風を残す堂々とした老松が狩野永納、
益信の筆によって描かれ、その構図は見る物を圧倒する。






f0295238_17414975.jpg
宸殿の建物です

大玄関、孔雀、太公望、波の間等内部の部屋は15を超え、
狩野永納、益信筆による障壁画が130面にも及ぶ。
宸殿は法親王が居住する門跡寺院の正殿である。
書院作りの影響を強く受けているが、
寝殿造りの形式を残し、宮殿風に造られている。


障壁画の一部です↓
撮影禁止のためすべてHPよりお借りした画像です

f0295238_19055733.jpg



孔雀之間
<狩野永納筆>
古来、孔雀は害虫や毒虫等を食べる喩えから、
私達の身の回りの災いを駆逐し、
こころの迷いを食べ尽くすとも言われる。
西の4面には雄、雌、子供の孔雀が描かれているが、北、東の面に痛みが見られる。


f0295238_18551880.jpg
太公望之間
<狩野永納筆>
一般に太公望之間と云われているが、西、北、東3面にそれぞれ異なる物語が描かれている。
西面に宗代の詩人「林和靖」が、
北面に東晋・宗の詩人である「陶淵明」と彼の好む柳、
菊を門前に描き、家人が出迎えられている場面が描かれている。
東面には「太公望」が描かれる。


f0295238_19093498.jpg

波之間
<狩野永納筆>
長谷川等伯の「波濤図」が永観堂禅林寺に残るが、
本図はその波濤図を狩野永納が取り入れたものである。
当時反目していたと云われる狩野派と長谷川派であったが、
絵を学ぶ者同士の交流が有った事示す。




f0295238_17402927.jpg

安永8年(1779年)後桃園天皇がお世継ぎのないまま
亡くなられ聖護院に入寺されていた親王が光格天皇として
御所へ向かわれました
9年後の1788年に御所が炎上した時
光格天皇は聖護院へ避難され3年間借皇居となりました
宸殿上段の間が当時政務を取り扱われた場所であり
この間に武者隠しの間が増設されました
写真の屏風は、光格天皇より拝領の花鳥図の屏風です


f0295238_17412859.jpg

山伏のお寺さんなのでホラ貝があります



f0295238_18284522.jpg


書院

延宝4年に聖護院が現在地へ移転したとき、
御所の建物が移築されたと伝えられる
二之間に大床があるのは門跡寺院に多く、御所には稀という





f0295238_17421322.jpg
f0295238_18011282.jpg

不動堂とありますが本堂です

写真のように護摩祈祷が行われます

訪問時ちょうど写真のように護摩祈祷が行われていて有り難かったです





二つのブログランキングに参加しています。

一日一度のクリックがランキングに反映する仕組みになっています。

よろしければ二つともクリックしてくださると嬉しいです(^-^)




にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ


人気ブログランキングへ


[PR]
by ayayay0003 | 2016-11-03 07:33 | 旅行 | Trackback | Comments(22)
トラックバックURL : http://arischan.exblog.jp/tb/26704301
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by lovelypoodle at 2016-11-03 08:11
おはようございます~
今朝は寒いです。

まめに京都によく行かれていますね。
私も京都は好きなんですが、なかなか行けません。
以前はよく行っていたのですが・・・

ちゃんと歴史も調べて、確認しながら見ているって
よりその荘厳さが伝わって来るようで、いいですね。
京都は特に奥が深い~
私も久しぶりに行ってみたくなりました。

Commented by o-rudohime at 2016-11-03 08:44
めったに無いチャンスですね。
襖絵 屏風など実物を見れるのはすばらしいです。
写真を拝見しているだけでも感激が伝わってきます。
Commented by arak_okano at 2016-11-03 09:15
桜の時期に門前までは行きましたが、良かったですよ。
特別拝観が出来るのですね、門蹟ですから、見所満載、
バグースですね。
聖護院御殿荘には二回泊ったことがあるんですがね。
Commented by otti468 at 2016-11-03 09:31
格式のある門跡寺院ですね~
まだ拝観したことはありません~
さすが歴史を感じさせる佇まいです~
Commented by ayayay0003 at 2016-11-03 10:07
ロン母さん

おはようございます^^
愛媛も今朝は冷え込みましたよ~(>_<)

京都には義妹(長岡京ですが)もいるのでほんとよく行きますね(^^♪
用事で行っても特別拝観はチェックして行きますよ^^

こちらの中は、撮影禁止でしたから
記録ブログになりましたが
ちょっとメモっとくと後で思い出すのに便利です(笑)
紅葉シーズン前は比較的ゆったり見れるので好きです♡
ロン母さんも京都是非に~(^^♪
Commented by ayayay0003 at 2016-11-03 10:09
himeさん

特別拝観の時に行くとこのように普段は拝見出来ないお宝を見れるので
好きなんですよ~♫
10月は、まだ紅葉には早くて比較的ゆっくり見れるので良いですよ(^_-)-☆
Commented by ayayay0003 at 2016-11-03 10:14
アラックさん

桜の時期に行かれてるとは流石です~(*^^)v
10月中旬から12月8日までこちらのお寺さんは特別拝観でした♪
門蹟ですから、皇室関係のものも沢山ありましたよ~
泊まられたことも(・・?
山伏さんが集まる行事も少々興味が有りますネ(^_-)-☆
Commented by yocomilk at 2016-11-03 10:17
おはようございます!
今は紅葉ピーク前の穴場の時期でしょうか。
アリスさん、昨年もこの時期に行かれてました?
というか、年に何回くらい行かれますか?
1番好きな季節は?
…と笑
インタビュアーみたいになってしまいました(^_^;)
特別拝観ってチェックして行かれるのですね。
勉強になります。
Commented by ayayay0003 at 2016-11-03 10:17
otti468さん

実は、特別拝観でない時に一度訪れたことがありますが・・・
やはり、障壁画が素晴らしいので
この時期に行ってよかったです(*^_^*)
ottiさんはご近所だからいつでも行ける?と思うとなかなかですよね!
私も県内はあまり詳しくないのです(笑)
Commented by ayayay0003 at 2016-11-03 10:31
yocoさん

おはようございます^^
そうですね、今はもう11月に入ったのでそこそこ京都の観光客は多いかも(・・?
10月の半ばから末までの時期が穴場ですよ☆
それでも外国人はそこそこいらっしますが・・・
年に5~6回は行きますか?(笑)親戚訪問も兼ねてですが・・・
やはり私は4月生まれなので桜シーズンが一番好きです♡
が、最近は年齢のせいか、秋シーズンも2番目に好きです。
ただ、混むので、紅葉よりは10月の↑シーズンがお薦めかな(・・?
紅葉撮影は、ほんと風情よりは根性かと・・・(笑)
特別拝観は、最近予約制のところもあるので
ネットで予約して行かないと入れなかったりするので要チェックですよ!
10月に行くと美味しい和菓子屋や洋菓子屋も要チェックです(笑)
今回、素敵な和菓子屋さん訪問した記事がアップまだなので
よろしければ後日またチェックしてみてください(^-^)
Commented by ☆彡異邦人 at 2016-11-03 10:45 x
☆彡 アリスさん☆彡
京都は四季いつでも良いですが、紅葉の時期は最高ですね。
ここ聖護院は、由緒ある御殿で襖などは素晴らしいですね。
宸殿の建物などの造りも現在の内匠に受けついて継承しているようですね。
Commented by ayayay0003 at 2016-11-03 11:06
☆彡異邦人さん

おはようございます^^
もうすぐ紅葉シーズンですネ(^_-)-☆
私が行った時期はまだ紅葉には早い時期でしたが
このような特別拝観が始まる時期で少し空いてる時なので
穴場的な良い時期ですよ(^^♪
普段は見られないお宝をゆったりと拝見出来てよかったです(*^_^*)
Commented by rose35s at 2016-11-03 11:08
こんにちは。
どこかで見たようなと拝見していましたところ、先日テレビでやってました。
そうそう!
ホラ貝やらせてもらってましたが難しいようでした。
貴重なときに行かれてよかったですね、次は紅葉ですか?
Commented by ayayay0003 at 2016-11-03 11:36
ローズさん

こんにちは^^
エッ、TVで放送してましたか(・・?
見逃してました(・。・;
ホラ貝、チャレンジされてた方いらっしゃいましたとも~(^-^)
お宝を拝見出来てよかったですよ~
11月はちょっと諸事情で今年は難しいのです・・・
12月の最初に行けたらと・・・(笑)
Commented by kaorunchoko at 2016-11-03 12:36
❤アリスさん こんにちは!
ちょこ家地方、朝から快晴!なのに今日は通常勤務日(>_<)
あぁ~どっか行きたい・・・残念!
聖護院と聞いて頭に浮かんだのは、聖護院かぶらの千枚漬けヽ(^。^)ノ
あのちょっと甘めの漬物、柚子の入ったのが好きです!
って・・・そうそう・・・聖護院門跡でしたよね(笑)
あら!?読み進めたら、やっぱその聖護院〇〇達の産地でしたか(^O^)!
聖護院の固い八ッ橋、餡子の入っていない生八ッ橋何気で好きです(^_-)-☆

狩野永納の老松!素晴らしいですね!
構図!確かに重要ですよね~♫孔雀之間は色合いが綺麗ですね!
素人で絵画もよく分からない私ですが、確かに、圧倒されました!
格式あるお寺さん、何時か訪れてみたいと思いました(^^)v
さて、あと半日頑張ります!
Commented by ayayay0003 at 2016-11-03 14:28
kaorunさん

こんにちは^^
ちょこ家さん地方快晴ですか?
こちらも晴れてはいますがイマイチ雲が多いです!
しかも朝からちょっと寒い?

聖護院は、やはり私も八ッ橋かな?
しかも餡なしの皮が好きです~二ッキの香りが最高(*^^)v
かぶらの千枚漬けも有名ですよね☆
でもね、今回はどれも買ってないです(笑)
義母も父もあまり量は食べないので、お土産は高級和菓子をほんの少しかな?

狩野派の障壁画はやはり豪華ですよネ(^_-)-☆
私も、日本画とかは全然解らず・・・
ただ見るだけですが、こういう機会でもないと見ることもないので
何かのこやしにはなるのでは?と・・・
祝日にお仕事御苦労様ですm(__)m
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-11-03 16:22
こんにちは

思いっきり出遅れました。
今日の取材先は茨城県つくば市の宇宙航空研究開発機構、愛称「JAXA」でした。
沢山のロケットや、人工衛星が展示されていて面白かったのですが、
よく分からない展示も多かったので、理解して日記を書くのは大変そうです。

アリスさんの今日の日記は、苦労のあとがうかがえますね。
でもしっかりと文章も全部読みました。襖絵と屏風絵が、素晴らしいです。
これは本物を是非、観てみたいです。特に狩野永納の作品は火事で焼失したのが多く、
現代では貴重です。そして長谷川等伯と接点があったとは知りませんでした。

護摩祈祷は庭でやるもんだと思ってましたが、これは本堂の中ですか。
いい場面に出会えてラッキーでしたね。
Commented by pothoslime at 2016-11-03 18:03
こんばんわ~☆^^
アリスさん、ほんと行動的ですね。
愛媛から京都までって相当な距離ですよ。
私は目と鼻の先なのに、なかなか行くことがありません^^;
土日は混んでて、行ってもしんどいな~ってのもあるんですが。
聖護院…名前だけは知っていましたが、見たことがありません。
とっても壮麗な建物ですね~
こういう場所に住まいするって、どんな気持ちになるんでしょうね。
んで、いったいこんな広いところ、誰がお掃除するんだろ、なんて考えてしまうのでありました(^-^;
Commented by ayayay0003 at 2016-11-03 19:45
旅プラスさん

こんばんは^^
今日は、つくばまでですか(*_*)
おもしろそうな取材ですが
少し遠くないですか?
確かに難しい分野の取材は後でまとめるのが大変ですよネ(^_-)-☆

こちらのお寺さん、歴史が複雑で正直どこまで書くか?困りました^^;
なので、いい加減になっちゃったかもしれません(@_@;)
変なところは流してくださいね(笑)
撮影禁止のものが一番ココの見どころでしたから
仕方なくHPより殆どコピペでした(>_<)
狩野派とひと口に言っても沢山の画家がいらっしゃり
狩野永徳が一番有名なのでよく知ってますがこの永納さんは初めて知りました!(^^)!
そうですか?焼失した作品が多いのでこちらのはレアだったのですね!
長谷川等伯と狩野派というのは相対する感じでしたから
こちらの拝観をして説明してくださった中でも等伯と狩野派との接点、
「いいものはイイので写しに行ったそうです!」との説明が印象に残り書いておかないとと感じました!

本堂の中、多分耐火の天井になってるみたいです☆
素晴らしい体験でしたよ(*^_^*)

こちら、特別拝観の時期が過ぎても、予約制で障壁画等が見れるとHPに書いてありましたよ(^^♪
Commented by ayayay0003 at 2016-11-03 22:20
ぽとすさん

こんばんは♪
京都には、長岡京ですが義妹も住んでいたり
伯母が桂にいたりするのでしばしば訪問するというのもあります!
遊びに行くだけならこんなには行けないかも(*_*)?
確かに土日は、混んでいます!
でも先日の化野は、日曜日でもガラガラでした☆
場所によりますか(^。^)?
聖護院は、門跡やから宮様になった気持ちでしょうか(*^_^*)
若いお坊さんがご祈祷してらっしゃいましたので沢山の若いお坊さんがいて
お掃除なんかもされているのかな!?と想像しましたよ☆
Commented by milletti_naoko at 2016-11-04 02:08
後白河法皇と言うと、平家物語を思い出します。美しいお寺ですね。
Commented by ayayay0003 at 2016-11-04 07:18
なおこさん

まさに、こちらの佇まいは、平家物語の世界に浸れるそんな障壁画の数々でしたよ!
こちらは、特別拝観が終わっても予約していたら見せていただけるようです(^^♪
参考までにHPで確認すればのっていますよ♪
<< 茶寮宝泉@京都の和菓子屋さん ユングフラウヨッホ駅からの下山... >>