知恩院@京都

知恩院の特別拝観に3月2日に行きました(^^♪


f0295238_15475006.jpg

この素晴らしく大きな三門にはいつも圧倒されっぱなしです~(^。^)


元和7年(1621)、徳川二代将軍秀忠公の命を受け建立されました。
平成14年には国宝に指定されました。

構造は入母屋造本瓦葺(いりもやづくりほんがわらぶき)で、

高さ24メートル、横幅50メートル、屋根瓦約7万枚。

その構造・規模において、わが国現存の木造建築として最大級の二重門で、

外に掲げられている「華頂山」の額は、大きさは畳二畳以上にもなります。

一般には寺院の門を称して「山門」と書くのに対し、

知恩院の門は、「三門」と書きます。
これは、「空門(くうもん)」「無相門(むそうもん)」「無願門(むがんもん)」という、
悟りに通ずる三つの解脱の境地を表わす門(三解脱門:さんげだつもん)を意味しています。




f0295238_15485184.jpg

し、しかし、階段がきついーーー(笑)

上でポーズをとってるのは外国人観光客の方です~

白いのは東山花灯籠の準備の灯籠かな?



f0295238_15503238.jpg

梅の花は少ししかなかったけど

満開で良い香りでした(^-^)




f0295238_15512333.jpg

目的は、こちらの方丈の特別拝観でした!


f0295238_16095365.jpg


残念ながら方丈の中は撮影禁止なので

玄関の外からこの襖絵だけを・・・

私も映り込んでいますが


この絵は↓


三方正面の真向の猫

方丈の廊下にある襖戸に描かれた狩野信政筆の猫の絵で
どちらから見ても見る人の正面からにらんでいるので
この名があります
親猫が子猫を愛む姿が見事に表現されており
親が子を思う心つまりわたしたちをいつでもどこでも
見守って下さっている仏様の慈悲をあらわしています





f0295238_16103735.jpg
f0295238_16110373.jpg

こちらは、二十五菩薩の庭


この庭は、知恩院所有の「阿弥陀如来二十五菩薩来迎図」を

基にしたもので臨終の時に念仏を称えれば

阿弥陀如来と二十五菩薩がお浄土へ迎えて下さる様子を

作庭したものである

庭に配置されている石は阿弥陀如来と二十五菩薩を

植えこみは、来迎雲を表している






二つのブログランキングに参加しています。

一日一度のクリックがランキングに反映する仕組みになっています。

よろしければ二つともクリックしてくださると嬉しいです(^-^)




にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ


人気ブログランキングへ


[PR]
by ayayay0003 | 2017-03-28 07:30 | 旅行 | Trackback | Comments(18)
トラックバックURL : http://arischan.exblog.jp/tb/27675962
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by butanekoex at 2017-03-28 07:41
1枚目の大きな門、圧巻ですね。
知恩院さん、秀忠公による建立だったのですね。
先日、「大奥」の再放送を見たばかりでして(笑)
秀忠公に少しばかり心を寄せながら お写真を見せていただいています^^

特別拝観の襖絵に映り込むアリスさん、まるで襖絵の一部になっていますね(*^^*)
カメラを構えるお姿に惚れ惚れですよ~♪
Commented by umi_bari at 2017-03-28 08:13
知恩院さん、三門までは行った事は
あるんですが、拝観はしたことがないんですよ。
中はやっぱり、撮影禁止なのですね。
Commented by yocomilk at 2017-03-28 08:24
写り込んだアリスさんを、じーっと拝見して、おはようございます(^^)
どの写真も素敵です〜!!
写真も文章も細やかで❤︎
三門の意味など勉強になりました。
京都、惹かれます。
今年はまた行くぞ(*^^*)
Commented by atranze at 2017-03-28 08:53
☆彡 アリスさん☆彡
この三門は、知らない人はいないくらい有名ですよね。
歴史的建造物で、映画やドラマにも出てきて素晴らしいところですね。
いにしえの人々は、いろんな宝を残してくれましたね。
すべてに感謝ですね。
Commented by rinkatu at 2017-03-28 09:58
四年ほど前に知恩院行きましたが
迫力は凄かった!
天井絵、鶯張り廊下と
先人の技術と知恵は計り知れませんね(^.^)
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-03-28 10:44
こんにちは
知恩院さんは懐かしいのですが、拝観したのは30年くらい昔でしょうか。
おぼろげに、三門は覚えてますが、立派な建造物ですね。
訪問は早朝ですか。早起きは三門の徳ともいいますからね(^。^)
おお~~、映り込んでますね。
縦画面はカメラをしっかり持ちましょうの、お手本のような構え方(^。^)
方丈の襖絵は狩野尚信でしたか。
もしそうだったら、金箔の鶴を観に行きたかったです。
Commented by ayayay0003 at 2017-03-28 11:40
butanekoさん

ここの門、通りすがりによく拝見しますが
中に入ったのは、???というくらいありません!
「大奥」大好きでしたー♡子供の頃から~(笑)
あ、最近の映画?、柴咲コウさん主演も見ました(^^♪
物語を想像していただくなんて光栄です☆

私は、なるべく写らないように撮ったつもりが・・・
アップの段階で解ったので逆に記事にしちゃいましたが^^;
そう仰っていただきありがとうございます♪
Commented by ayayay0003 at 2017-03-28 11:41
umi_bariさん

私も、この特別拝観はお初でした(^^♪
多分撮影禁止かな?と思って入りましたが・・やはり!
でもお庭は撮影可でした(*^_^*)
もう少しすればお庭に枝垂れが咲くから良かったのですが(笑)
Commented by nekoyama1002 at 2017-03-28 11:42
写り込みのアリスさんを見れてなんだかうれしいです(=^・^=)。
階段、すごいですねー。
こういうアップダウンに出くわすと、
一歳でも若いうちにいろいろ行っておくべきだな、と思います(^_^;)。
Commented by ayayay0003 at 2017-03-28 11:43
yocoさん

こんにちは^^
じーっと見てくださってありがとうございます(*^_^*)
そして写真お褒めくださって(^_-)-☆
久々の知恩院、この時期はジミでしたがそれもまた良しでした♪
京都、日帰りでもイイですよね~
是非また、写真お待ちしていますよー(^-^)
Commented by ayayay0003 at 2017-03-28 11:46
異邦人さん

いつみは、通りすがりに見る三門でしたが
久しぶりに中に入ってみました(^_-)-☆
こちらは、あまりに大きな建物なので広く
歩くのも大変ですが、実は、バスの送迎があって
この階段は上らなくて行けるのでした!
帰りはバスに乗って下まで降りました(笑)
Commented by ayayay0003 at 2017-03-28 11:48
rinkatuさん

そうそう、rinkatuさんが行かれたというのを
いつだったかブログで伺って
私も是非行きたくて、この度の京の冬の旅で特別拝観があるのを知り
行ってこれたので感謝です~、ありがとうございました(^_-)-☆
この日は、幼稚園の行事で可愛らしい生徒さんが本堂にいて
うぐいす張りの廊下を通るまでにサプライズも有りでしたよ(*^_^*)
Commented by ayayay0003 at 2017-03-28 12:03
旅プラスさん

こんにちは^^
ええっーーー、30年前ですか(・・?
て、私が大阪で働いていた頃です(笑)
こちらの三門の前は何度も歩いて通るのですが
さすがに中はお久ぶりでいつ前回だったか覚えていません^^;
記憶にございません?(笑)
早朝というか、9時から拝観ですからまあまあ午前中でしょうか。
ええと映り込みは、失敗なのですが他には中が撮影禁止でないから
仕方なくです・・・(笑)
カメラの構え方お褒めいただきありがとうございます♪
襖絵、鶴の間の「松鶴図」16面、松の間「松鶴図」14面はお見事でした(^_-)-☆
なかなか公開は、されてないので数少ないチャンス逃さず見ました!
Commented by ayayay0003 at 2017-03-28 12:07
まゆさん

まゆさんにそう仰っていただき嬉しいです(*^_^*)
失敗なのですが、中が撮影禁止なので他になくて・・・(笑)
この階段凄いけど、上らなくても行けます(^_-)-☆
門の前にマイクロバスがいて送迎してくれます(笑)
て、やはり、自力で上らないと御利益ないかな(・・?
Commented by milletti_naoko at 2017-03-28 22:13
アリスさん、名画の中にそこだけ色合いが現実的、姿も写実的に描かれている猫たち、かわいらしいですね。こうした場所に猫が、猫たちが描かれるのがほほえましくてうれしい気がします。日曜に訪ねたお屋敷のフレスコ画にも、情報からこちらを見つめる(?)にらむ猫がいて、そう言えばシエナ県郊外の修道院にも猫や犬がフレスコ画に登場していて、宗教的な場所の絵画にさりげなく描かれている動物たちの姿を探してみるのも、どんなふうに描かれているのかを見るのもおもしろいなと感じました。
Commented by umitosora14 at 2017-03-28 22:43
今晩は^^
方丈の襖絵の猫さん、良いですね
私も会いたくなりました^^
そして、お写真では初めましてのアリスさん♪
スリムなお姿ですね^^
お庭の植え込みは、来迎雲を表してるんですね!
白砂のなかにモクモクとした植え込み、
この感じのお庭って珍しい気がします^^

Commented by ayayay0003 at 2017-03-29 11:55
なおこさん

偶然、なおこさんの訪ねられたフレスコ画の美しいお屋敷にも、猫の絵が描かれていたとは驚きました☆
洋の東西を問わず同じような言い伝えがあるのでしょうか?
不思議ですが、なんだか嬉しい気が致します(*^_^*)
なおこさんのお写真に猫ちゃんが写っていたら見せて頂けると嬉しいです♪
Commented by ayayay0003 at 2017-03-29 12:00
umiさん

こんにちは♪
こういう歴史のある場所での猫ちゃんの絵
珍しいような気も致します!
そういう風に感じて下さってありがとうございます~
私は、映らないようにと思ったのですが~(笑)
寒かったのでウルトラライトダウンを着ています~(^。^;)
このお庭も珍しいと思って撮りましたので
丁寧に見て下さってありがとうございます~♡
<< 我が家の春のお花2017♪ 京都の街の夕暮れ@京都 >>