ボルドー美術館@フランス

ボルドー美術館です(^^♪



f0295238_14194368.jpg

1881年建造だそう~

こちらは、南の棟で

オ―ルドコレクションと呼ばれる16~18世紀の作品が常設展示です

北の棟は、今回は時間の都合でパスしました




f0295238_14210807.jpg

「苺」の題名の作品

柔らかいタッチが好きです~

オルセー美術館から来たようです



f0295238_14224601.jpg


見た瞬間に分かりますよネー

はい、ドラクロワの作品です~(^^♪
ルーブル美術館にあるアノ作品を思い浮かべちゃいます~



f0295238_14235805.jpg


この風景画もルノワール



f0295238_14243450.jpg

ルノワールが多かったのですが

中でもお気に入りは

この作品「Bouquet de rosees」

オルセー美術館からきたと表示が有りました♪


f0295238_14254117.jpg

ちょっと光の加減で上手く撮れなかったですが

見たら直ぐに分かる

マチスです~☆

「seated woman」1925年の作品





f0295238_14264101.jpg

こちらもマチス

「young spanishgirl」1921年

赤の使い方が素敵ですね☆


f0295238_14272446.jpg

こちらも反射してますが・・・

ピカソのデッサン

なんか柔らかいタッチが妙に素敵だと感じました~

ピカソはあまり好きじゃないのですが

これは気に入りました(^^♪

なんと調べてみたら最初の奥様~↓

オルガ・コクロヴァ。
ピカソがロシアバレー団と一緒に、舞台や衣装に携わった時期、
ディアギレフバレー団のダンサーでした。
特に優秀な踊り手ではなかったといいます。
ロシア貴族の血をつぐオルガには、
計算高いしっかり者の母親がついていて、
結婚するハメになりました。
しっかりした母親は
「わかれるということになったら財産は半分はオルガのものにする」
と云う一文をゲットしたのです。
オルガは77歳で死ぬまでがんとして離婚を
受け入れなかったそうです!
ピカソは91歳で死にましたが
ピカソには生前から「もっともっと一杯絵はあるはずだ。
誰にも見せていない絵が一杯ある」
と周囲は言っていましたが、描いても描いても、
オルガを潤すだけだ、
と思ったピカソは実に膨大な隠し財産を残して死にました。
フランス政府はそのうちの優品を、
相続税の代わりの物納として取りあげ、
現在、パリにある「ピカソ美術館」ができたのです。
フランス政府もなかなかですね!

この絵1枚からそんなことまで調べて
楽しみました~(^_-)-☆



f0295238_14290611.jpg



美術館のお庭のダリアがとても素敵~☆



f0295238_14300133.jpg


お花がいっぱいで

とても素敵なお庭にも魅せられた

芸術鑑賞を満喫した美術館でした(^_-)-☆


二つのブログランキングに参加しています。

一日一度のクリックがランキングに反映する仕組みになっています。

よろしければ二つともクリックしてくださると嬉しいです(^-^)




にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ


人気ブログランキングへ


[PR]
by ayayay0003 | 2017-09-11 07:17 | 旅行 | Trackback | Comments(26)
トラックバックURL : http://arischan.exblog.jp/tb/28136686
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by yocomilk at 2017-09-11 08:30
アリスさん、おはようございます❤︎
貴重な絵画をこうして見せていただき嬉しいです。
私もアリスさんと同じく、薔薇の花束の絵が良いです(^^)
写真を撮る事ができるんですね〜。
ありがたいです。
興味深いお話もありがとうございます。
いつの時代も、女性は強い^_^;

お花いっぱいのお庭も素敵。
ダリアも日本と違って見えます❤︎
Commented by o-rudohime at 2017-09-11 08:31
美術館で名前を聞いた事のある画家 写真で見た事のある絵を見付けた時は嬉しいですね。
マップで場所を探す時 宝探しをしている様な気分になります。
ガラスのない絵は写す者にとってはありがたいですね。
ピカソのお話面白かったです。
外国では離婚した時の契約書を今でも交わしますからね。
Commented by umi_bari at 2017-09-11 09:11
こちらの美術館も撮影可能なんですね、
有り難いですね、バグースです。
日本だと、撮影禁止だし、遠くからから
眺めるだけの場合もありますね。
Commented by sacromonster at 2017-09-11 09:11
ルノアールの温かみのある絵を見せて戴き
有難うございました。
ピカソの事についても興味深いお話を知りました。
ダリアの写真、素敵です、迫力があり名画に
劣りませんね。又立ち寄らせて頂きますね。
Commented by ☆彡異邦人 at 2017-09-11 09:38 x
☆彡 アリスさん☆彡
日本でいえば明治初期時代の頃の建物ですね。
立派ですよね。
ルノアールの印象派の絵画は、日本人には人気がありますね。
ピカソのデッサン、もしかしたら着物を着ているのではないかと思われますね。
Commented at 2017-09-11 11:04
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-09-11 11:22
こんにちは
ボルドー美術館は、時間が無くて、入いらなかったのですが、
所蔵作品は豪華ですね。
ドラクロアの、ルーブルのあの作品とは、「民衆を導く自由の女神」ですね。
共通点は、上半身の露出多し(^。^)
1830年代に、よくこの作品が生れました。
ピカソの享年が91歳、モネは86歳、北斎は88歳、梅原龍三郎は97歳。
世間では画家は長寿、作家は短命と言いますが、その通りですね。
自分も日記で駄文を書き連ねてますが、もうちょっと絵を描かねば(^。^)
Commented by ayayay0003 at 2017-09-11 14:18
yocoさん

こんにちは^^
ココの美術館は小さくて
展示数もほどほど、ちょっと見るには良い感じでした☆
美術館、沢山の作品を一生懸命見るには
今日は、美術館だけ~という気合いが入ります~
その点、良い美術館でした♡
薔薇、共感頂きありがとうございます♪
1枚の絵に物語を感じるというのイイですよネ(^_-)-☆
Commented by ayayay0003 at 2017-09-11 14:23
himeさん

はい、美術館へ行くと教科書などで知ってる作品や
よく知る画家の作品を見つけると穴が開くくらいジ~と眺めちゃいます(笑)
撮影環境は、ガラスがあるかないか?コレにつきますネ!
芸能人とかが、外国人と結婚するとよく契約書を交わすという記事みかけます~
ピカソも画家じゃなくて一男性として見ると面白いですネ(^_-)-☆
Commented by ayayay0003 at 2017-09-11 14:25
umi_bariさん

はい、最近のヨ―ロッパの美術館は
殆どが撮影可になりました~
日本もそろそろ解禁にせねば・・・とは思いますが。
こうして記事にして残すと自分も勉強になり印象に残ります☆
バグ―スをありがとうございます♪
Commented by ayayay0003 at 2017-09-11 14:28
☆彡異邦人さん

ヨ―ロッパの美術館の中では比較的新しい建物だとは思いますが
なかなか素敵な建物で、最近修復もしたようで素敵な美術館でしたよ☆
ルノアールは、人気がありますよね~私も大好きでポスターとか持ってます~
ピカソの絵、そう言われてみれば、そう見えます~不思議です☆

Commented by ayayay0003 at 2017-09-11 14:38
11:04分鍵コメさん

ありがとうございます^^
下の絵にも描いた年代ではなくオルセーから来た年代が書いているようで
苺のだけ、間違えてのせてしまいました^^;
絵とは別に誰の作品か?年代が書いてあるプレートを写真に撮ってるので
誰という点では、間違いはないのですが描いた年代は書かれていませんでした。
題名は「Fraises」英語で「Strawberries」

Commented by ayayay0003 at 2017-09-11 15:24
旅プラスさん

こんにちは^^
ボルドー美術館は、小さくて見やすく
そして作品的には豪華な作家さん揃いでした☆
ドラクロアは、見た瞬間に雰囲気があまりにも
「民衆を導く自由の女神」に似てるのでそうだ!と名前を見なくても分かり
嬉しかったです←クイズじゃあないのですが(笑)
画家さん、確かに長生きの方が多いです~
旅プラスさんは、以前、アマチュア画家さんされていたので画家さんと同じでは?
また絵を描かれたら是非拝見してみたいなあ~♡
↑期待度が高いですよ~(*^_^*)
Commented by ayayay0003 at 2017-09-11 16:23
sacromonsterさん

こんにちは^^
私もルノアールが大好きなので嬉しいコメント
ありがとうございます(^^♪
ピカソ、思わぬ絵から調べてみたら興味深い事でした☆
読んでいただいて感謝です~(*^_^*)
ダリア、こんな種類もあるとこちらで知りました♫
返コメ順序、間違えてすみませんでしたm(__)m
いつもありがとうございます♪
Commented by liebekatzen at 2017-09-11 18:36
こんにちは!
わぁー、今日はアリス美術館ですね~♪
ボルドーまで出掛けなくても、こちらのブログでたっぷり
美術鑑賞できちゃいました(笑)
パリのルーブルとオルセーは訪れて、たくさん素晴らしい絵画を見ましたが
ボルドーもなかなか立派な作品が揃っているようですね☆
ピカソの絵画から…いろいろ調べてくださって、どうもありがとうございます!
今日もお勉強できました~♪
Commented by lovelypoodle at 2017-09-11 19:06
ヨーロッパに行くと、美術館を訪れるは楽しみでしょうね。
ボルドー美術館 なかなか見れませんね。
しっかり写真撮ってもいいんですね。
ピカソは私も色付きはあまり好みではありませんが、
デッサンはいいかな・・・と思ったことがあります。
Commented by milletti_naoko at 2017-09-11 20:51
アリスさん、フランスの美術館はやっぱり著名な画家のさまざまな作品が見られて、いいですね。ピカソと最初の奥さんにまつわる、そういうお話があるとは、びっくりしました。花がきれいに咲きそろった庭園もきれいですね。雨ではありましたが、バラがきれいだったパリのロダン美術館を思い出しました。
Commented by ayayay0003 at 2017-09-11 21:20
liebekatzenさん

こんばんは^^
はい、最近はヨ―ロッパの美術館の殆どが
写真撮影可なのが嬉しいですね~(^-^)
見ただけだと忘れちゃいますから記録に残しておけば
より印象に残ります~☆
ボルドー、なかなか訪れる機会がないから特にです~♪
ピカソのお話はなかなかおもしろいのでのせてみました興味持っていただき
ありがとうございます(^^♪
Commented by ayayay0003 at 2017-09-11 21:23
ロン母さん

はい、美術館、このツアーではあまり入ってなかったこともあり
ボルドーではフリ―タイムを利用して行ってみました(^^♪
今、ヨ―ロッパでは殆どの場所で撮影可だと思います~
ピカソ、あまり好みではないのですが
仰るようにデッサンはなんかイイ感じ~♫と思うのです(^-^)
同じ思いで見てらっしゃると知りなんだか嬉しいです♡
Commented by ayayay0003 at 2017-09-11 21:28
なおこさん

ボルドーという地方都市であってもこういう風に有名な画家の絵が見れて
というところがフランスの良いところですね(^^♪
私などは、あまり絵の知識がないもので、有名な方しか分からないのです!
ピカソのお話、多分、伝記でも読まなければ知らないですよネ!
私自身が興味深いと思いのせてみました☆
美術館の庭、美しいところが多いかもです~ロダン美術館、いつか訪れてみたいです♡
Commented by umitosora14 at 2017-09-11 23:03
今晩は^^
海の向こうへ行くと、美術館に行く機会が増えますね
で、わたしの場合は、そこから絵にちょっと興味を持つようになって、
国内でも前より観に行く回数がふえてます(笑)
ボルドー美術館も素晴らしいですね^^
そうそう、ピカソ、わたしも以前はあまり好きじゃなかったのですけど、
ピカソ展で、青の時代とかバラ色の時代とか、
あのよく分からない時代以前の作品とかもいろいろ見てから、
けっこう好きになりました(笑)
Commented at 2017-09-12 08:46
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ayayay0003 at 2017-09-12 08:50
8:46分鍵コメさん

お忙しい中、いつもありがとうございます(*^_^*)
Commented by ayayay0003 at 2017-09-12 09:22
umiさん

おはようございます^^
返コメ順が逆になってしまい申し訳ありませんm(__)m
美術館の入ったツアーは、確かに多いですよね!
ただ、このツアーに関しては、田舎が中心だったこともあり
美術館は入ってなくて、なのでフリ―タイムに行ってみました☆
ボルドーの美術館は小規模でちょうど良い感じでしたよ~
ピカソのことは、調べるまであまり知らなくて
1枚の絵がいろいろなことを教えてくれて
楽しめましたよ~(*^_^*)
ピカソは、ちょっと今でも苦手なのですがこのエピソードから
今までよりは興味が湧いたので奥様の絵、他にあれば見てみたいと思います♪
Commented by kaorunchoko at 2017-09-12 13:01
❤アリスさん こんにちは!
昨夜は爆睡してしまって・・・すっかり出遅れです(^_^;)
ボルドー美術館どちらかと言うと私の苦手系かも(笑)
ルノワールと言うと、小さい頃かかりつけの小児科にあった
「ピアノを弾く二人の少女」を思い出します!
マチスもピカソも良く分からないんです(^_^;)
オルガの話しは、驚きました\(◎o◎)/!
成程、そりゃすごい話だ!!!確かに1枚の絵から、ひも解くと。。。
興味深い話が出て来るもんですね(^^)v
↑外国で食べる日本食。。。普通な、会社で注文するようなお弁当みたいな感じだけど、
きっと数日洋食が続いた身体には、めっちゃ嬉しいお味だったんでしょうね(*^。^*)
日本酒も純米吟醸!?どんな味かなぁ???
今日も、楽しい情報、ありがとうございましたヽ(^。^)ノ
Commented by ayayay0003 at 2017-09-13 07:13
kaorunさん

おはようございます^^
いえいえ、昨日は、日帰りお出掛けしていて
すっかり返コメが遅くなりましたm(__)m
はい、古い絵がお好きなkaoruさんは、
やはりイタリアでしょうか(*^_^*)
こちらは、この印象派ともっと新しい時代の絵がありました!
ピカソは、私の苦手なのですが、このお話は面白くピカソという人物に
興味が湧いたという訳です~(笑)
はい、シャモ二―の和食屋さんのお弁当は日本でいただいたら???
という感じなのですがこの日はもう数日いただいてなかった事も有り
めちゃめちゃ美味しく感じた私でした(^_-)-☆
日本酒、最近は海外でも結講出回ってるようですよー
↑私は飲めないので試せなくてすみません(笑)
いつも嬉しいコメントありがとうございます(*^_^*)

<< シャモニーで和食の昼食♡@スイス旅行 自家製餡子と無花果でUji Z... >>