タグ:コンサート ( 16 ) タグの人気記事

地元でのコンサート♫

地元で久しぶりにクラシックのコンサートがあり出掛けました(^^♪
もう随分前、9月のことです(笑)




f0295238_19040953.jpg

小さなホールですが、稀なコンサートでほぼ満席でした♫

大阪市交響楽団とゲストは林澄子さん

私の大好きなベートーベンのピアノコンチェルト4番でした(^-^)

林澄子さんの演奏は以前も聴いたことがありますが

今回もやはり素晴らしいこころに残る演奏でした♪

9月になり涼しくなって素敵なコンサートに行くことが出来てよかったです(^^♪


f0295238_10215858.jpg


反射してしまいましたがポスターです

曲目が書いてあったので記念に撮りました

オ―ルベ―ト―ベンプログラムでした(^-^)







二つのブログランキングに参加しています。

一日一度のクリックがランキングに反映する仕組みになっています。

よろしければ二つともクリックしてくださると嬉しいです(^-^)




にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ


人気ブログランキングへ


[PR]
by ayayay0003 | 2016-10-18 08:03 | 日々のできごと | Trackback

五大山観月会コンサート@高知県立牧野植物園

台風16号が近づき前線が停滞して全国的に雨の中ではありましたが
昨日五大山観月会に行ってきました(^-^)



f0295238_06200309.jpg

しかし予想通りのいや予想以上の大雨~(笑)

お供え物、柿、栗、ブドウ、みかん、お団子、さつま芋は

軒下にお供えされてました♪



f0295238_06243388.jpg

実は、この日は観月会に因んでのいちむじんさんたちの

クラシックギターのコンサートが

南園50周年記念庭園の外の特設ステージで

行われる予定でしたが

大雨のため急きょ、このように屋根付いてるホールで開催されることに

ここは、牧野富太郎記念館の展示館に併設されてる建物です

映像ホールとパンフには書かれているところだと思います

お客さまも雨のため少ないかな?という感じがしてました始まる20分前の写真です

コンセプトとしては、中秋の名月(この日は中秋過ぎてました)を眺めながら

秋の草花を愛でる観月会

秋の七草やにしえより日本人に愛されてきた草花に

万葉の歌を添えて展示していたそうなのですが

そちらは、残念ながら雨で見ることは出来ませんでした!



f0295238_06334986.jpg

舞台の上は、まさにお月見の室礼

赤いお花は、曼珠沙華、そしてすすきを合わせてて

とても素敵でした(^_-)-☆



f0295238_06394688.jpg

いちむじんさんたち

コンサート一部がもう終わって挨拶されてるところです

高知出身のクラシックギターのアーチストさんで

素晴らしい演奏でした(*^_^*)

あの「龍馬伝」のエンディング曲を担当して

飛躍的に活動の幅を広げたそうです(^^♪

クラシックギターというのが観月会にピタリでした

まあ、結果的には月は見えなかったのですが(笑)

始まる前には、満員のお客様でした(^-^)

席は決まってなくて早いもの勝ちで

コンサート代も植物園の料金込みなので素晴らしくお得でした☆



f0295238_06471245.jpg

私たちが座った席からは

ドアのないホールなので高知市内夜景が見えてて

コンサート一部が終わってから撮りました

遠くには、うっすらと山も見えてました

月は見えないけど雨は止んでました

コンサートは、30分ずつ、6時台、7時台、8時台とあり

もしかしたら違う曲が聴けたかもですが

私たちは1時間ちょっとかけて来てたので

この日は、悪天候、帰りのことを考えると30分で残念ですが帰りました

でもちゃんと帰りにはCDを買って聴きながら帰りました(^-^)

オリジナルを含めた演奏はこころに響くとてもとても

素晴らしい演奏でしたから♫


f0295238_06555975.jpg

植物園の中の帰りの道は足元ライトでコレまた雰囲気があります~☆

コンサート会場からは、回廊になってて

もし雨が降ってても濡れないつくりになってるから素晴らしいです♪


f0295238_07085391.jpg



素敵なのでついつい撮っちゃいました☆

雨上がりという演出も最高(^_-)-☆



f0295238_06592048.jpg

この正門エントランスのところも

大好きなんですが夜はまた格別に素敵でした☆

前をちょうど若いカップルさんが歩いてたのでパチリ~(^_-)-☆

月は見えなかったけど観月コンサート満喫して帰途につきました(^-^)




昨日のコンサートもこの曲から始まりました♪

いちむじん、高知弁でいっしょうけんめいという意味だそうです(^^♪





二つのブログランキングに参加しています。

一日一度のクリックがランキングに反映する仕組みになっています。

よろしければ二つともクリックしてくださると嬉しいです(^-^)




にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ


人気ブログランキングへ


[PR]
by ayayay0003 | 2016-09-19 07:49 | 旅行 | Trackback | Comments(22)

コンサート&イルミネーション☆

兵庫県立芸術文化センターへ行きました(^^♪

京都旅行の帰りのことです♪
今回も、メインはこのコンサートでした(^_-)-☆



f0295238_07350667.jpg

ホールは、こちらです☆

ホールの前も紅葉してて秋のコンサートに相応しい雰囲気でした♫




f0295238_07374931.jpg

反対側のホワイエが見えています。

もうすでにたくさんのお客様が入っている様子が伺えます^^

ガラス張りになってるのでとっても素敵です☆



f0295238_07414297.jpg

私の大好きなクラシックのピアニストさんです♪

最近は、毎年この時期にツアーがあるので

京都の紅葉も見に行くようになりました(笑)

今回は、オ―ルシューベルト プログラムでした。

7つの変奏曲 ト長調
ピアノソナタ20番
ピアノソナタ21番

えっ、3曲だけ(・・?と思うかもしれませんが

いずれも1曲が長くて聴かせる曲でした(*^_^*)

休憩を入れたら2時間ちょうどな感じです。



f0295238_07535281.jpg

いつも自分のスタンウェイをヨーロッパから持ってこられます(^^♪

これにはびっくりですが、バイオリニストもチェリストも自分ので

コンサートをしますから、ピアニストもと言うのが彼のポリシーのようです。

なので、公演の時はスタンウェイ社のトラックが控えててピアノを運搬するようです♪

演奏が始まる前にピアノだけ撮らせていただいたのですが

ボケボケでした~(^。^)

彼のコンサートは、両手で数えられいほどは行ってませんが

高校生の時からのファンなので年季が入ってます(笑)



f0295238_08025088.jpg

先程、外から見たホワイエの中のカフェです。

たくさんの人で賑わってる時は撮れないのでいない時間に撮りました☆



f0295238_08040458.jpg

私は、休憩時間に紅茶とお菓子をいただきましたが

勿論、ワインやシャンパンなんかもあるようです(^^♪



f0295238_08062284.jpg

ワインなんかだとこういうところでカッコよくいただきたいものです(^。^)

憧れますが、酔いが回ると困るのでやめておきます(笑)



f0295238_08102258.jpg


ホワイエから見る外のイルミネーションが素敵です☆


f0295238_08351515.jpg

f0295238_08114830.jpg

なんかもうクリスマスみたいでロマンチックにしてみました(^_-)-☆

とても素晴らしいコンサートの夜でした☆



11月21日(土)の撮影です。





二つのブログランキングに参加しています。

一日一度のクリックがランキングに反映する仕組みになっています。

よろしければ二つともクリックしてくださると嬉しいです(^-^)




にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ


人気ブログランキングへ


[PR]
by ayayay0003 | 2015-12-04 08:36 | 旅行 | Trackback | Comments(25)

Teatro alla Scala@Roméo et Juliette

突然タイムスリップしました~(^_-)-☆

先週の金曜日にラジオでオペラのロミオとジュリエットが流れてきて

車の運転中でしたが聴き惚れちゃいました~♡

2014年12月のスペインのマドリードのレアル劇場での録音でした。

なんでもロミオ役は、「ロベルト・アラーニャ」というフランス人で

美しいフランス語と太陽の声といわれる明るく輝くような声

そして抒情的な心のこもった表現力で

フランスものオペラでは右に出るものがいないとラジオで解説。

フランス語の歌(オペラ)は、発音がネイティヴでないと非常に難しいとも言ってました^^;



f0295238_10370159.jpg

そこで、思い出したのが4年前に行った

ミラノスカラ座での「ロミオとジュリエット」~☆

このシャンデリアと円形になった席が素敵です~(^_-)-☆



f0295238_10385426.jpg

私が座ったのは一番上の横側の席←一番安い席かな?3千円くらいでした。

もちろんスカラ座の直サイトで購入。

2ユーロの切手を貼り送られて来ました(^-^)



f0295238_10413464.jpg

ここがそうです♪

なので、全部は舞台が見えない席ですが・・・(笑)

分相応ということで、こちらなら洋服も普通でOK(^-^)


f0295238_10431727.jpg

フランス語の歌だから、席には字幕が出ます。

↑ただし、英語ですが・・・(爆)




f0295238_10442744.jpg

カーテンコールの主役の2人~♡

↑小さい~(笑)

オペラグラスは必需品です(^^♪



f0295238_10455920.jpg

中世な感じの衣装かな?


f0295238_10465140.jpg

主役の2人をアップで・・・

と言ってもやはり小さいです(3千円の席だから・・・)

ロミオ・・・・・  ヴィットリオ・グリゴーロ34才(当時ですが)
          イタリア出身
ジュリエット・・  ニノ・マチャイゼ   28才
          グルジア出身
指揮者・・・・・  ヤ二ック・ネゼ=セガン 40才
          カナダ出身

年頃はちょうどよかったように思います。

どちらも、美男美女に見えましたよ~(^。^)y-.。o○

ラジオのアラーニャさんは、50を過ぎてますからね(笑)

いい声ですが、やはりこの舞台を見るには若い方の方がいいかな?

発音ウンヌンは、オペラツウでないし、

フランス語を解さない私にはあまり関係がなかった?(笑)



f0295238_10532716.jpg

オールキャストで、スーツの方は、指揮者さん。

終演後のカーテンコールです。

舞台の本番ではいくらなんでも撮影はしてません。

何しろ、スカラ座での「ロミオとジュリエット」は七十数年ぶりの公演だったそうで

チケットは完売してました(^^♪

ヴェローナというところでは、毎年のように野外劇場?とかで

公演があるそうですが、スカラ座は、音響効果がよく

歌手にとっても歌いやすい最高の舞台だそうです♪

こちらで聴けたことラッキーでした(*^_^*)

スカラ座の中に入ったのはこの時が初めてで


いつかヴェルディのオペラをここで聴くのが夢です♪



f0295238_10585739.jpg

終わったのが11時半くらいです(^^♪

ちゃっかり記念撮影しました(笑)

あ、ちなみにここへは、父と二人で行きました(^-^)

ツアーでのイタリア旅行中のことです♪



f0295238_11001644.jpg

ガレリアも夜中だと空いてますね~(笑)

でもまだ、飲食店は開いてました~(>_<)

ホテルは、歩いて帰れる範囲にとってたので

5分くらいで帰れました(^^♪

二つのブログランキングに参加しています。

一日一度のクリックがランキングに反映する仕組みになっています。

よろしければ二つともクリックしてくださると嬉しいです(^-^)




にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ


人気ブログランキングへ


[PR]
by ayayay0003 | 2015-04-21 06:23 | 旅行 | Trackback(1) | Comments(30)

ミュージカル@ブッダ♪

先日、東日本大震災復興公演として

松山であったミュージカルへ行きました♪

f0295238_14132226.jpg


ポスターは、こちら~☆

なかなか素敵な役者さんのポスターです(^。^)

当日が本当に楽しみでした。

手塚治虫の「ブッダ」
あらすじ

遥か古代のインド。
シャカ族の国に王子シッダールタは生まれた。
王子は「世の中はなぜこんなにも不幸せと戦いに
満ちてるのだろう?」と悩んでいた。
「なぜ生きるってこんなにも苦しくて怖いのだろう?」
王子の旅は、大発見の連続だった。
世の中は、怖いけど、生きるエネルギーにあふれていた。
感動する出逢い!戦いと別れ!
女盗賊のミゲーラ。
国を滅ぼされ復讐に生きるタッタ。
母が奴隷だったことに苦しむルリ王子。森の苦行者たち・・・。
そして答えを探す王子の前に
故郷シャカ族の滅亡が迫っていた・・・。



f0295238_10460820.jpg

会場に入った瞬間です~☆

松山の市民会館であったので

会場は都会と比べたら狭いかな?

撮影は禁止なのでサイトよりいただいてます↓


f0295238_10480280.jpg
f0295238_10482972.jpg

 2008年よりわらび座は、手塚治虫氏の作品を舞台化。

「火の鳥」→「アトム」→「ブッダ」

この「ブッダ」の制作を決断させたものは

東日本大震災でした。

 3・11は、私たちに命の尊さを示し、

さらにこれまで持っていた価値観の転換をも

つきつけてきました。

復興・再生は永い道のりになるでしょう。

東北の劇団として、わらび座は東北の心を伝え

新たな未来を一緒に見つめるような作品を届けたいと思います。

↑以上は、パンフより~☆

「人間はなぜ生きるのか なぜ死ぬのか」と苦悩するブッダ

「なんで生まれたのか」と叫ぶ人々。

↑本当に素晴らしい作品で、東日本大震災復興公演として

ふさわしい舞台でした(*^^)v

ちょうど、1週間ほど前でしたがこちらに行く機会があり

本当によかったです(*^_^*)


私は被災地、仙台しか行ってないのですが

その時の様子はこちらから~☆

もうあれから一年半が過ぎました(・。・;

また訪れたいと思います♪

東北産のものを購入したいと思います(*^^)v

被災地の復興・再生をこころからお祈り申し上げます♪


3月3日から3.11まで
 pray for Japan として

東北の魅力を紹介してくださっています。

えむさんのブログはこちらから~☆

3.11までの間、当ブログは掲載写真の一枚に
東北応援のため「LOVE TOHOKU」と入れさせていただきました♪

usaさんの呼びかけがあったので、出来ました☆

usaさん、えむさん、伝えていくことの大切さをありがとうございます(*^_^*)



二つのブログランキングに参加しています。

一日一度のクリックがランキングに反映する仕組みになっています。

よろしければ二つともクリックしてくださると嬉しいです(^-^)




にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ


人気ブログランキングへ


[PR]
by ayayay0003 | 2015-03-11 08:30 | 旅行 | Trackback(1) | Comments(14)

第九コンサート♪

12月18日は盛りだくさんな日でした~(^-^)

まずは、ディナーを銀座で頂き、それからコンサートへ行きました。



f0295238_21490946.jpg

池袋に東京芸術劇場はあります(^^♪

私はこちらの劇場は初めてでした~♪

Tちゃんが一諸だったので、何とか時間までにたどり着きました(^-^)

コンサートは7時始まりだったので食事してたらギリギリになりました^^;


f0295238_21531469.jpg

エスカレーターを上る途中にこんな飾りもありました(^-^)

クリスマス前だったから・・・

f0295238_21543132.jpg

エスカレーターで上る上る~

なんか、外の夜景がワクつきですが見える

不思議な空間でした~☆


f0295238_21582666.jpg

いよいよコンサートホールの前まで来ましたが

この時点で1分前だったので係員の方の方が

早くお席へ・・・と汗っています(・。・;

どんなコンサートでも始まると曲の切れ目までは

入れてくれませんから

本当は写真を撮ってる場合ではなかったのですが

まあ、もうここまで来たら大丈夫だろうという安心感があり

写真撮ってから入りました(^-^)

この天井に描いてある絵が素敵でした~(*^^)v


f0295238_22030724.jpg
中に入った瞬間に撮った写真です♪

まだ、演奏はもちろん始まっていません!


f0295238_23192675.jpg

日本の暮れの第九公演が恒例行事になってから半世紀になるそうです。

私が第九を聴いたのは京都の学生時代にただの一度だけで

その時は友達が合唄で唄うので行きました。

その時のオケは京響、指揮者はなんと小沢征爾さんでした~(@_@)

それ以来、あまりCDなどでもこちらは聴いたことがなく

というのはやはり、第九=年末というイメージがあり普段に聴く気になれないからです(笑)

毎年、第九のコンサートに行ってみたいとは思うものの家の近くではなく

都会へわざわざコンサートだけに行きにくい時期なので

この機会に行きたいと思いチケットはあらかじめネットで購入してました(*^_^*)



第九のメッセージは全世界の平和と地上の平和の願いだそうです(^-^)

○年ぶりで突然生で聴いたのですが、とっても感動しました(*^^)v

第九のコンサートは大抵これだけなのか、1時間20分くらいで終了しました♪

なので、十分銀座へ帰りミキモトのツリ―や、三越のcafeへ行く時間もありました☆








二つのブログランキングに参加しています。

一日一度のクリックがランキングに反映する仕組みになっています。

よろしければ二つともクリックしてくださると嬉しいです(^-^)




にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ


にほんブログ村



人気ブログランキングへ


[PR]
by ayayay0003 | 2014-12-26 08:39 | 旅行 | Trackback | Comments(16)

兵庫県立芸術文化センター@コンサート♪

京都紅葉の旅ですがこのコンサートが目的でした~♪

いい日程でコンサートがあったのでラッキーでした~(*^^)v


f0295238_20292825.jpg

西宮に着くとこのような素晴らしい夜景が迎えてくれました~♪

クリスマスシーズンならではの夜景です~☆


f0295238_20304405.jpg

クリスマスツリーです~(*^^)v


f0295238_20321841.jpg

上から眺めて撮ってるので構図がイマイチかもしれません~^^;

阪急電車で大阪から移動してきました~(^^♪

兵庫県立芸術文化センターは西宮にあります~♪

大好きなホールのひとつです~☆


f0295238_20353296.jpg

阪急電車で西宮北口へ着くとそのまんまアーケードの通路があり

雨の日でも屋根があり大変便利です~☆

先程のLEDのライトが反射して綺麗です~(*^^)v


f0295238_20395911.jpg

入り口のところにはこのような像があります。

「嵐の中のベートーベン」という名の像です~(*^_^*)


f0295238_20412669.jpg

ホールの中はオシャレ~☆な空間となっています(*^^)v

入ってすぐのところにレストランがあり

この写真では向こう側に小さく写ってるところがそうです♪


f0295238_20432639.jpg

売店のところには、クリスマスカードのようなものとか

このシーズンならではのものを売っていたりします(^^♪

バイエルがたくさん並んでいるのに懐かしさでいっぱいになりました~(*^^)v

ピアノを習ったことがあればバイエル懐かしいですよね?


f0295238_20462605.jpg

そして売店のところにあったクリスマスツリーです(^^♪

このシーズンはこうした飾りがあるので楽しいです(^-^)

f0295238_20475967.jpg

こんな看板があり、引き寄せられました~(^^♪


f0295238_20485612.jpg

こんな風になっていて壁にはこれからあるジャズコンサートの案内が

貼っていました~♪

クリスマスジャズコンサート行きたいけど少し遠いかな?

こちらで記念撮影して下さいという場所でした~♪

f0295238_20514320.jpg
f0295238_20511916.jpg
そしてメインのコンサートですが、

バイエルン放送交響楽団の演奏で

ピアノコンチェルトのピアニストが私の大好きな

クリスティアン・ティメルマンさんでした~☆

舞台に写ってるピアノはクリスティアン・ティメルマンさんのピアノで

彼が住んでいるスイス?からわざわざ運んで来たピアノです~(^^♪

彼のコンサートは必ず自分のピアノでのコンサートです♪

もうずっと昔から彼のファンで彼が来日すると必ずコンサートに行く

という感じです。

何年も来ないときもあるし、毎年のよに来る年もあります(^-^)

今年はピアノコンチェルトが聴けるということで発売直後に購入しました(^^♪

彼がピアノコンチェルトを弾くということは稀で、いつもはピアノソロの

コンサートです。

完売したので当日券は勿論なかったです!

これを聴き逃すと一生聴けないかもしれないコンサートでした(*^^)v

指揮者がマリス・ヤンンソンスさんという著名な指揮者だったのも手伝い

完売したみたいです~♪

素晴らしいコンサートでした~(*^^)v

こちらに父と来れたこと本当に感謝いたします(*^_^*)







二つのブログランキングに参加しています。

一日一度のクリックがランキングに反映する仕組みになっています。

よろしければ二つともクリックしてくださると嬉しいです(^-^)




にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ


にほんブログ村



人気ブログランキングへ


[PR]
by ayayay0003 | 2014-12-06 08:11 | 旅行 | Trackback | Comments(14)

フェスティバルホールコンサート♪

9月27日にほんとに久しぶりにフェスティバルホールへ行きました(^.^)

葉加瀬太郎さんのコンサートです(^^♪

弟が行こうと言うので行きました♪

すみません、私ファンという域まではいってないですがヴァイオリンの音色好きです(*^_^*)


f0295238_12441417.jpg
このコンサートツアーは、8月6日にリリースしたニューアルバム

『Etupirka ~Best Acoustic~』を携えて臨む全国ツアーで、

47都道府県を回って追加公演を含む全60公演が行われる。

葉加瀬太郎にとって久しぶりのアコースティックコンサートであり、

47都道府県を回るのはこれが初めてのことだ。

46歳の葉加瀬さんにとっては無謀だそうです(笑)

コンサートの時のトークで「こんなスケジュールは

デビューしたての20代のロックバンドがやることかな?」

なんて笑いを誘ってました(^^♪



f0295238_12514448.jpg

フェスティバルホールの赤い階段

ここは何度来ても好きです(*^^)v


f0295238_12530616.jpg

そして、前回紹介した緞帳の他にこちらの緞帳があります。

こちらの原画は「柳橋水車図屏風」香雪美術館所蔵


画面いっぱいに橋を架け渡し、柳と水車を組み合わせた「柳橋水車図」は
1605年には画中画として確認されている。
長谷川派が中心となって描いたとみられるが、リーダーの等伯の作とされて
いるのはこの作品だけ。
また、作者が判明するものとしては、最古のものとなる。
画面左上の水面には水車と蛇篭が配され、画面右上には月が浮かぶ。
また柳は右から左に進むに従って葉が茂っており春から夏への移ろいを表す。
近世以前の人々は、すぐに京都の宇治橋を連想したという。
橋を渡れば平等院鳳凰堂ということで、金地の華やかな屏風は装飾性だけではなく
極楽浄土への希求が表現されている。
緞帳では、金泊を多用し全体が金銀の輝きに満ちあふれ、装飾豊かな原画の世界を
見事に表現している。

とフェスティバルホール内に説明書きがあります。


f0295238_14115807.jpg

私は一番上の階の席だったのでエスカレーターでさらに上りました。

途中ホワイエが少しだけ写っています。


f0295238_14135362.jpg

以前こちらのコンサートホールで使われていたピアノの展示がありました。

数々の有名ピアニストの方たちが弾かれたピアノとの説明もありました。
(ヴァン・クライバーン、ヴィルヘルム・ケンプ、ウラジミール・アシュケナージ、
マルタ・アルゲリッチ、マウリツィオ・ポリーニ等)

f0295238_14205543.jpg
さて、最上階から見た会場です(*^_^*)

あまり大きくは見えないですが

音響はこちらのホール大変いいのと

こちらの席はある意味全体的に音が伝わるよい席だと思います。


f0295238_14234605.jpg
肝心の葉加瀬さんのコンサートです。

こちらの写真はサイトよりいただいています。

もちろん撮影禁止ですから~♪

衣装も黒と赤で素敵でした~(*^^)v

『情熱大陸』のエンディングテーマでもお馴染みのニューアルバム1曲目「エトピリカ」

でコンサートは始まりました~♪

そしてピアノとのデュオで美しい桜を表現した「HANA 組曲『NIPPON』より」や、

ライブでは定番となっている「冷静と情熱のあいだ」も披露されました。

本当に素晴らしいコンサートでした、感動をありがとうございました(*^_^*)


f0295238_14321965.jpg

そしてコンサートの帰り

前にたくさんスーツの方が集団でいますが

こちらの場所でなんと記念撮影に来てたのです。

結婚式の帰りの集団のようでした~(笑)

この階段のファンは私だけではないようです(笑)


f0295238_14344830.jpg
フェスティバルホールを出て京阪電車まで歩いてる途中です。

暗いけどまっ赤なバラがキレイでした~(*^^)v


f0295238_14363062.jpg
淀屋橋の夜景です~☆

本当にコンサートの後はいい気持ちで歩けましたよ(^^♪

9月の末はまだまだ心地よい気温の夜でした~♪






二つのブログランキングに参加しています。

一日一度のクリックがランキングに反映する仕組みになっています。

よろしければ二つともクリックしてくださると嬉しいです(^-^)




にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ


にほんブログ村



人気ブログランキングへ


[PR]
by ayayay0003 | 2014-11-04 07:02 | 旅行 | Trackback | Comments(22)

JAZZ NIGHT OCTOBER@愛媛

昨晩ジャズのコンサートへ行ってきました(*^^)v


f0295238_00033298.jpg
お天気がよかったので夕方もキレイ~♪

よく見ないとわかりませんが右奥遠く彼方は瀬戸内海~☆

車で会場へと出かけます(*^_^*)



f0295238_00045051.jpg

会場へ入ると舞台は準備されてます~♪


f0295238_00054128.jpg

が、まずはお食事から~(^-^)

ちょっとしたディナーショーでした(^^♪

こちらはパン教室でいっしょのMちゃんの誘いです♪


f0295238_00074703.jpg
まずは、↑のセットされている前菜からです。

サーモンのバラ仕立てです。

バラの内側の花びらはしめサバだったような?

これがまた美味しかったです~(^^♪

f0295238_00091675.jpg
次はブイヤベースです。

これはあっさり~でした。

鯛(黒鯛?)とあさりとホタテとエビでした~(^-^)


f0295238_00102036.jpg
メインはローストビーフです(^-^)

こちらもあっさりで丁度良い量でした(^^♪

皆様ワインなんかお召し上がりでしたが

私は車なのでウーロン茶でした~(笑)


f0295238_00112725.jpg
デザートですが、果物(オレンジ、ライチ、キウイ)

ケーキは、カシスのムース、ミルクレープ

カワイイ小さいケーキでしたのでこれもよい量でした。

写真撮り忘れたけどコーヒーがついてました(*^_^*)


f0295238_00133990.jpg

さてボーカルは女性の方。

今日の歌の中では、ちあきなおみさんの「星影の小径」がよかったなあ・・・♡

歌詞が詩なんですよ~と歌手の方がおっしゃってました(^-^)

あと、「枯れ葉」これはシャンソンをアレンジ~☆

数々のジャズの名曲を秋の夜長に聴けてよかったです~♪



f0295238_00180246.jpg

出演者の皆様、素晴らしい演奏をありがとうございました(*^^)v






二つのブログランキングに参加しています。

一日一度のクリックがランキングに反映する仕組みになっています。

よろしければ二つともクリックしてくださると嬉しいです(^-^)




にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ


にほんブログ村



人気ブログランキングへ


[PR]
by ayayay0003 | 2014-10-31 06:57 | 日々のできごと | Trackback | Comments(20)

フォルテピアノコンサート♪

昨日、地元でフォルテピアノのコンサートがありました~♫

フォルテピアノってあまりなじみのないピアノですよね(^-^)
フォルテピアノについてwikiより↓

構造[編集]

フォルテピアノは革で覆われたハンマーをもち、チェンバロに近い細い弦が張られている。ケースはモダンピアノよりかなり軽く、19世紀初頭のものを除き金属のフレームや支柱を持っていない。アクション、ハンマーはともに軽く、モダンピアノよりも軽いタッチで持ち上がり、優れた楽器では反応が極めてよい。

音域は、発明当初はおよそ4オクターヴであり、徐々に拡大した。モーツァルト(1756–1791)の作曲したピアノ曲は、約5オクターヴの楽器のために書かれている。ベートーベン(1770–1827)のピアノ曲は、当時の音域の漸増を反映しており、最末期のピアノ曲は約6オクターヴの楽器のために書かれている。なお、19世紀以降のモダンピアノの大半は7⅓オクターヴの音域を持つ。

モダンピアノと似たペダル機構はフォルテピアノの発明当初より存在したが、足ペダルではなくハンドレバーや膝レバーを備えた楽器もある。


[編集]

モダンピアノと同様、フォルテピアノは奏者のタッチによって音の強弱に変化を付けることが出来る。しかし音の響きはモダンピアノとかなり異なり、より軽快で、持続は短い。 また音域ごとにかなり異なる音色を持つ場合が多く、おおまかにいって、低音域は優雅で、かすかにうなるような音色なのに対し、高音域ではきらめくような音色、中音域ではより丸い音色である[1]

これに対し、21世紀に入ってから開発された現代ピアノでは音域ごとにそれほど大きく違いがないような楽器が多い。しかし、20世紀の中ごろまでは多くのピアノメーカーが独自のモダンピアノを製作しており、フォルテピアノと同じく音域ごとに異なった響きを想定していたと思われるメーカーも多数あった。第二次世界大戦の際に多くのピアノ工場が焼失し、音色の画一化が推し進められたと考えられている。



今回使用されたフォルテピアノ↓

「ジルバーマンモデル・フォルテピアノ」=深町研太製作2007年…1747年5月、ポツダムで、J.S.バッハがプロイセン国王の与えた主題による即興演奏を行った際に使用された、ドイツのオルガン製作者G.ジルバーマン製作のフォルテピアノ。数年前に埼玉在住の深町氏により復元された。

という日本に一台しかない貴重なピアノで今回演奏していただけるということでわくわくしながら行きました(^-^)


f0295238_22192282.jpg

ポスターです(*^_^*)


f0295238_22202893.jpg
武久源蔵さんです。
チェンバロやフォルテピアノなどの古楽器を通して、長い音楽の歴史、過去の作曲家たちと向き合う武久さんは、バロック音楽の鍵盤奏者の第一人者です。今回、ショート演奏会では、武久さんの紡ぎだす「本当の音」と鍵盤楽器の世界をご堪能ください。というコンサートでした。


f0295238_22262812.jpg
実際の武久さんのフォルテピアノです~♪

現代ピアノと比べると金属をほとんど用いてないので大人2人で運べるそうです(^-^)

現在荻窪在住ということで、こちらのピアノ東京より車で運んできたとのこと~(@_@)

↑のお写真のようにバラして運べるので長距離もOKかもしれませんね!

松山と宇和島でもコンサートがあったそうです♪

 

f0295238_22284233.jpg

どうぞ、お写真をお撮りくださいと言っていただいて

遠慮なく撮らせていただきましたが、

素人的に言うと鍵盤の色が普通の色と逆~(笑)

それだけじゃなく音が違うのですが~(笑)


f0295238_22310528.jpg

とにもかくにもピアノが美しくて魅了されました~☆

網戸になっているので、外からは虫の音が聴こえてきます(^^♪


f0295238_22345799.jpg

演奏曲目ですが・・・

バッハ     パルティータ4番より~
モーツァルト  きらきら星変奏曲
シューベルト  即興曲
ショパン    マズルカ
べートーベン  月光
アクア・ヴェリターティス(武久源造氏作曲)・・・真理の水=水の流れる様を表した曲と説明あり☆

ほとんど休憩なしで1時間半ほどのコンサート素敵な時間を過ごすことが出来ました~♫

場所は武久氏のお母さまの実家なのでサロンコンサート風でした(*^_^*)

曲目もその場で決めたようなのでメモメモ(汗)で落ちているかもしれません~(笑)

ありがとうございました~(*^^)v

f0295238_23115042.jpg

コンサートの帰り道、月光の曲を思い出しながら帰り幸せでした~(*^_^*)

秋の夜長はこのようなコンサートいいですね~(*^^)v




二つのブログランキングに参加しています。

一日一度のクリックがランキングに反映する仕組みになっています。

よろしければ二つともクリックしてくださると嬉しいです(^-^)




にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ


にほんブログ村



人気ブログランキングへ


[PR]
by ayayay0003 | 2014-09-18 07:42 | 日々のできごと | Trackback | Comments(8)